阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

クリーンな選挙で勝つ価値

2008年12月30日 22時55分37秒 | 政治
 連日、自転車に乗って街宣活動をしながら、この1年、お世話になった方々への挨拶まわりをしています。この1年間の成果は、100%満足とは言えませんが、私の認知度、そして政治的価値観は、かなり浸透してきたようにも感じています。

 さて、私にはふたつの大きな使命があると自任しています。ひとつは小選挙区で勝って衆議院議員になること。そして、もうひとつは徹底的にクリーンな選挙を全うすることです。

 「なるべくお金をかけずに選挙をする」ことは、民主主義のレベルを上げる上で重要なことです。業界への利益誘導の見返りとして支援される選挙、また特定の支援者を満足させるための選挙は、お金が飛び交うようです。しかし、公募候補として挑む私の使命は、そのようなやり方に断固異議申し立てを行い、お金よりも知恵と体力を駆使して活動し、「地盤・看板・カバン」がなくても国政選挙に勝てる実例を作ることだと思います。それが、今後立候補する方々の経済的なハードルを下げ、高い志を持った仲間をより多く政界に導くきっかけになると確信しているからです。

 政策秘書として仕えた首藤信彦前衆議院によれば、人類が初めて作った組織は狩りをするグループだそうです。少人数のグループが状況によって役割を変え、ひとりが何役もこなし、走りながら考える。そんな「行動する小集団」を組織し、ネットワーク化することは選挙活動においても有効だと思っています。

 私は国会の秘書をしながら、首藤氏が設立したNGO・インターバンドの事務局長をしていたのですが、この精神を徹底的に叩き込まれました。私たちは、紛争地域の平和構築活動の一環として選挙監視ミッションを派遣したり、除隊兵士支援活動を行っていましたが、その何百倍もの予算を使って実施された政府のプロジェクトより遥かに大きな成果を生み出したと確信できたことが何度もありました。

 三高さんが紹介して下さった通り、以前の私の事務所も、誰もが驚くほどお金をかけない事務所で、街宣カー、コピー機、パソコンを含むほとんど全ての備品を無料で調達し、一番高価なものが1500円で買った中古のホワイトボードでした! 
 「お金をかけない」ことは、本当に必要なことにお金を有効活用できる状況を作ります。本人が誰よりも体を張り、新しい発想とみんなの知恵で勝つ! そんな選挙ができるように頑張ります!


 写真:民主号外最新号では「なぜ政権交代が必要なのか」マンガで訴えています! ダブルクリックすれば読めます!


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」




ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 失業者の生活の不安-自らの... | トップ | 未来を守れるか、このまま沈... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あらいぐまマンプラスいずみちゃん)
2008-12-31 00:25:06
今年も、親子共々お世話になりました!来年もよろしくです!2月1日は、口熊野マラソンです!42.195キロを2度目の完走目指してがんばってます!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む