阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

自転車は春風に乗って

2009年03月16日 21時52分55秒 | 政治
 今日は一日中自転車に乗って活動しました。

 朝はWBCの日本代表VSキューバ戦を見るために5時過ぎに起き、1時間ほど観戦した後出発。まずは海南市内を走りました。

 その後、橋本市まで自転車で走り、さらに、橋本市内を大きく回った後、24号線を西に向かって走り、暗くなる直前に事務所に戻ってきました。

 自転車に乗って活動する時は、訪問活動や演説が中心なのですが、今日は約120キロ、ひたすら自転車で走りました。そして、途中多くの方々と対話をしました。

 春を実感した一日でした。眩しい陽射し、沿道を染めた花々。午後からは強風になり、黄砂が視界を遮りました。あ、単年度予算制度がもたらす年度末路上工事も花盛りで、やたらに道路を掘り返していました! 

 ストリートファイターの私としては、何より嬉しいのは日が長くなったことです。その分、路上での活動時間が長くなりますからね。

 キューバに対しては、野球に対するインテリジェンスが、局面局面で少しずつ上回った結果の勝利だったと思います。でも、次の韓国戦は、技術、精神力、人間力、そして、国としてのプライドを賭けた勝負です。一番大切な局面で、技術以外の部分で少し負けていたのが、これまでの結果を招いていると思います。でも、次はきっとやってくれるでしょう。

 
阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

ブログ「もうひとりの阪口直人」

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小沢代表との2連ポスターに... | トップ | 国のプライドを賭けて-WB... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
球春到来 (三高 章)
2009-03-17 19:05:38
現在の民主党の状況は、野球に例えれば終盤大きくリードしていながら、9回の裏に1点のリードまでに肉薄され、尚2死満塁ツースリーという局面かもしれません。
まさに正念場。次の1球が雌雄を分かつと言っても良いでしょう。

日本の政治は良くも悪くも「政党政治」である故、党というひとつのチームに属することが選挙に勝つ必要条件でもあるかと思います。
監督であるべき党首の采配は、チームの勝敗に大きな影響があるのは必然ですね。
迷采配は、横浜の大矢監督だけで十分ですので、小沢党首にはぜひとも勝利に導く采配をしていただきたいものです。

高校野球も先週より対外試合が解禁となり、私もようやく長かった冬眠生活から目覚めたところです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事