阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

雇用と尊厳を守るために

2008年12月18日 19時03分49秒 | 政治
 雇用情勢が日に日に厳しくなっています。私は毎日毎日訪問活動を続けていますが、雇用に対する関心が大変強くなっていること、そして、与党が第二次補正予算案の見送りを決めた失望感を強く感じています。

 それにしても、トヨタ、ソニー、キヤノンなど、企業体質の良好さに定評があった大企業が、なりふりかまわず人員削減を始めていることに強い失望と怒りを感じます。

 人材派遣法改正によって、派遣労働者を含む非正規雇用が激増しました。この法案は本来、働き方の多様性を確保するのが目的であり、会社にとって都合の良い安価な労働力を生み出すのが目的ではなかったはずです。

 まず、一番弱い立場にある非正規労働者が切り捨てられる企業、そして社会からは、人間に対する尊厳を感じることができません。まずは経営陣が賞与・給与をカットし、人件費は役職が重い者から順番に削減するべきでしょう。

 麻生内閣は日本経済を「全治3年」と断じましたが、ついこの前までは、「史上空前の好景気」と、政府・与党は経済政策を自画自賛していました。多くの庶民にとっては豊かさを実感出来るものではなかったにせよ、多くの企業が最高益を更新していました。内部留保の財産は少なくないはずです。私がかつて在籍していたキヤノンは、大分の関連会社が1200人の派遣社員を解雇しましたが、毎年のように史上最高益を更新していたはず。1200人の人間を冬空に放り出すほど切迫した状況なのか、大いに疑問です。
 
 収益が上がらない事業は大胆に切り捨ててもリストラはせず、人員を成長部門に集中させるダイナミズムがキヤノンを超優良企業に成長させた戦略だったと思います。トップが経団連の会長を務めているこの会社を擁護するつもりはないけれど、私は、日本を代表する企業が、ここまで非情な首切りを断行する大きな理由は、企業スピリットの劣化とともに、政府・与党の経済政策が全く期待できないからだと思います。そのために過度に縮小路線に走っているのではないでしょうか。
 
 民主党(野党3党)は、「国民の命を救うための緊急雇用対策法案」を参議院に提出、可決されました。麻生首相は先日の党首討論で「景気対策は間に合っている」との認識を示しましたが、事態はひっ迫しています。国民の雇用、そして尊厳を守るための緊急景気対策。与党には、その深刻さが理解できないにしても、せめて速やかに成立させる妨害はしないことを、強く求めたいと思います。


 写真:海南市下津町市坪の町並み。「熊野古道」の提灯が沢山見られます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鞆淵の黒豆 | トップ | 失業者の生活の不安-自らの... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (派遣社員)
2008-12-20 14:46:44
ロスジェネの派遣社員です。

石田議員さんのHP見ました。政治関係の仕事以外、まったく社会経験のないひとなんですね。こんな人にはとても政治は任せられません。底辺の人々の生活に飛び込んで長年苦楽をともにしてきた阪口さんのような人に期待するしかないと思います。がんばってください。
先ず経営者が責任をとって辞めるべき (広島一区民)
2008-12-21 15:20:40
 赤字を出した訳だから経営者が責任を取って辞めるべきだ。

 小生、とある田舎に勤めているが
親が社員だというだけで入社、主任になっているMは
昼間、女と雑談したりして
夜は小生、帰宅するので理由は知らないが
21:00位に帰っている様だ。

 小生に仕事を押付けているので残業する必要が無いのにだ。
 **残業か、残業**かは知る由も無いが
夜、会社の敷地内にさえ居れば残業がつく制度を悪用している。 

 世の中、こういう変な企業が存在する。

 貴殿にはMみたいな人間になって欲しくないと願っている。
昨日は有難うございました (ama)
2008-12-24 10:57:57
昨日は御多忙にも係らず ご連絡を賜りまして誠に有難うございました。

政治家である前に人間としての阪口様の大きさ・優しさを改めて感じました。本当に勇気を頂きました。

久しぶりにブログを更新しました。そう出来たのも阪口様から頂けた勇気が私をそうさせてくれたのかもしれません。私にすれば阪口様からの言葉は何に代える事の出来ないクリスマスプレゼントを頂けた様に思います。

寒い日が続きますがお体には気をつけて頑張って下さい。そしてまた政治について語れる事を楽しみにしております。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事