阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

行政は自民党の下部組織?

2008年04月25日 18時31分17秒 | 政治
 今朝は早朝6時半からJR・南海橋本駅で後期高齢者医療制度の見直しを求める街頭演説と政策ビラの配布を行いました。

 今日は、行政の長や議員、そして役所の職員の方々が暫定税率の復活を求める「ガソリン値上げ隊」を組織して橋本市内でデモ行進を行うとのことでした。(「道路特定財源関連法案の再可決を求める紀伊半島一周道路行進」だそうです!)瀧洋一橋本市議会議員と私はそのコースに先乗りして各地で街頭演説を行い、限られた財源は、道路だけではなく、国民の生活を守る政策に優先して使うべきであることを訴えました。

 最近演説や訪問活動をしていて強く感じることは、後期高齢者医療制度の問題が明らかになるにつれて、国民の関心が明確に道路から医療問題へと移ったことです。今日は何人もの高齢者の方々、また、介護施設で働く方々が、立ち止まって話を聞いて下さり、熱烈な応援をして下さったのが印象的でした。

 それにしても、特定の政党の政策を支持するため、行政機関の職員が勤務時間にデモ行進に参加するとは、どういうことなのでしょうか? 私は、デモ行進を待っている間、市民の方々にも「行進」への感想を伺ったのですが、「税金ドロボーや!」「私らの気持ちは全然わかってへん」と散々な反応でした。 

 もちろん、職員の方々はその時間は休暇を取っていることとは思いますが、昼の休憩時間を遙かに過ぎても歩いているのでは、市民に誤解を与えることと思います。行政は政治家や首長のためにあるのではなく、何よりも住民のためにあるべきなのですから。もっとも自民党の下部組織のように見られては、さぞ心外だったに違いありません。早く戻って仕事に専念したい思いだったのか、歩いている姿も元気がなく、何となくバツが悪い顔でいらっしゃるように見えました。見ていて何とも気の毒でした。

 今日の皆さんの姿を見て、政権交代の必要性を改めて強く感じました。世界各国の状況を見ても、庶民感覚とあまりにも乖離してしまった政権・政府の余命は、あまり長くはありません。皆さん、今度こそ、変える勇気を! 私たち民主党とともに、政権交代を実現させ、何よりも、人に温かい政治に変えましょう!
  

 今夜はこれからメーデーのイベントに参加する予定です。


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加