阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

紀文みかんマラソン

2007年11月04日 13時51分51秒 | スポーツ
 今日は海南市の「紀文みかんマラソン」に出場しました。私は10キロの部に出場し、47分51秒でゴールしました。

 「困難なコースにもかかわらず上記の記録で完走したことを認めます」と完走証に書いてあるように、本当にハードなコースでした。みかん畑と海の眺望が売り物なのですが、いきなり80mの高さまで駆け上がり、その後もアップダウンの連続。マラソンコースというよりも、ハイキングコースのような走路でした。こんなに厳しいコースは初めてでしたが、海の眺望が抜群で、しばし苦痛を忘れて風景に見とれるほどでした。

 4回ほどジョギングしただけだったので、走り出した途端、体の重さに愕然としましたが、ハーフマラソンやフルマラソンと違い、10キロレースだったので、最初から攻めの入り方ができました。

 このコースは参議院選挙の時も、ノボリを立てた自転車で駆け上がった道路です。各地で演説してまわったのですが、本当に温かく迎えて下さったことが印象的です。途中、多くの方々に声援を頂きました。「頑張ってよぉ。選挙もやでぇ」「阪口さんやろ。みんな応援しちゃるで」こんな声を各地で聞いて感激でした。

 記録には納得していませんが、一応、目標はクリアできて爽やかな気分です。参加した選手の皆さん、役員やボランティアの皆さん、本当にご苦労様でした!

 ゴールの下津行政局に私のポスターを貼った家があったので、挨拶に伺ったところ、何と私の遠い親戚とのことでした。会うのは初めてでしたが、亡くなった私の母方の祖父と祖母の若い頃の写真を見せてもらったり、昼食までご馳走になりました。

 今日はこれから、民主党本部に提出する原稿を書いたり、昨日のお礼をして過ごします。  


写真:ゴール後、みかん畑の中で。

さかぐち直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加