阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

参議院選挙に向けての決意

2007年07月11日 23時22分09秒 | 政治
 明日、参議院選挙が公示され、7月29日の投票日まで、熱い選挙戦が始まります。私は連日自転車で和歌山県内を走り、できる限り多くの人々と対話を続けます。

 私たちのみんなの未来を守る政治に変えるのか、弱者切捨ての、これまでの政治でいいのか、歴史の分岐点になる選挙です。

 この3ヶ月間の活動は、ひたすら土地を耕し、種を蒔くことでした。750キロを超える距離を自転車で走って、多くの方々の話を聞いてきました。もっとも公職選挙法の関係で、個人のノボリやタスキを使ったり、名前を連呼することはできませんでした。従って、私の名前は未だ十分浸透しているとは言えません。しかし、選挙戦の中で候補者個人に関心が高まってきた時、「あの時の人だったのか」と思ってもらえるように、できる限りのことはしてきました。応援して下さる方々、また、今、政治の変化を切実に求めている全ての方々の声援を力に、選挙期間も走り続ける覚悟です。

 「自民党に絶対負けたらあかんよ」こんな声を、最近は本当に多く聞きます。新しい政治を担う存在としての期待を受けている民主党。保守地盤の和歌山で、どのような闘いができるのか、私の使命は本当に大きいと感じています。


 公職選挙法により、明日0時以降はブログの更新はできなくなります。また、コメントを受け付けることもできなくなります。日々の活動をお伝えできないのは残念ですが、ますますの応援を宜しくお願い致します。

 私たちの日本、そして和歌山。今度こそ、変える勇気を!


さかぐち直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加