阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

和歌山を日本の「環境首都」に!

2007年06月04日 21時11分36秒 | 政治
 連日、自転車で紀州路を走っています。今日は林間田園都市駅、および橋本駅で瀧洋一・橋本市議会議員と街頭活動を行った後、橋本市、および高野町を走りました。

 私たちの和歌山は、今、元気がありません。人を見れば駆け寄ってお話させてもらいますが、消えた年金記録の問題に象徴される弱者切捨て政治が人々に与えているダメージの大きさを痛感します。停滞を打開するためには政治を変える必要があります。民主党が躍進し、健全な競争の機能する市民参加型の政治になれば、和歌山は変わります。
 
 今、和歌山が抱える問題は、発想を変えれば優位点になります。豊かな自然と文化を活かせば、環境や健康、癒しの拠点-エコ・ライフの先進地域になれるはずです。

 世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」。自転車街宣活動では、熊野古道の拠点のひとつ中辺路や、熊野大社、また高野山も訪ねました。この地域の自然や文化遺産の素晴らしさ、とりわけ、その精神性の高さに改めて感銘を受けました。観光資源としての魅力にとどまらず、環境と平和を象徴する日本の拠点としての可能性を強く感じました。

 また、関西空港への近さは、経済を活性化する優位性のひとつです。環境ビジネスの拠点として人と投資を呼び込み、エコライフの拠点化と合わせて日本の「環境首都」を目指す。和歌山を活性化させるのは、それが最も有効な方法だと思います。

 私の政治活動、そして本番の選挙戦も、できる限り「エコスタイル」でやっていきます。



 写真:新宮市の熊野速玉大社前で。入り口近くに気持ち良さそうな芝生があり、思わず腕立て伏せをしていたら、旅行者の方に見つかって笑われました。その縁で写真を撮って頂きました! 和歌山在住者ではなかったのが残念でしたが・・・!


さかぐち直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加