阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

負けないで

2007年05月31日 01時23分06秒 | 日常
 「今日も自転車で」への沢山のコメント、ありがとうございます。

ZARDの「負けないで」は、私の大好きな曲のひとつです。三高さん、ひまろんさんの間で、いつの間にか、私の応援曲ということになっているようですね。なんて光栄なことでしょう!!

 皆さんもご存知の様に、私はスポーツにはやたら詳しいけれど、音楽(&芸能)のことは殆ど知りません。その私が、何度も何度も聴いて励まされたのがこの曲でした。

 1993年、カンボジアから帰ってきた私は、その後も国際協力&平和構築活動を現場で続けたいという強い気持ちを持っていました。しかし、職業として成り立つ仕事とは言えず、自分自身の専門性も十分だとは思えなかったので、強い気持ちを持ち続け、とにかく、この生き方を貫ける土台をつくらなくては!と決意していました。そんな時、私の心にストレートに届いたのがこの「負けないで」でした。

 その年、カンボジアでの経験を出版するチャンスが巡ってきましたが、その著書「心にかける橋」を書いている間も、何度もこの曲を聴いてとても勇気づけられました。さわやかで透明感のある声、そして、明るく前向きなメッセージ。本当に元気をもらえる曲ですよね。今も聴きながら書いています。

 そのZARDの坂井泉水さんが、ガンで入院中の病院で事故により亡くなったこと、本当に残念です。しかし、音楽という手段で多くの人々の心に希望や勇気を与え続けた生き方、本当に素敵だと思います。

 私自身も、人に希望や勇気を与える人間になれたら・・・という思いが全ての活動の原点です。現場での活動も、執筆活動も、そんな思いで取り組んでいますけど、私の場合は、未だ応援されることの方が圧倒的に多いようです。しかし、弱い立場の人の未来を守る政治を実現することで、つらい思いをしている人に希望を与えられたら・・・と、今、切実に思っています。

 明日からの3日間は、橋本市、および紀南地方で、徹底して自転車街宣を行います。坂道をマイクで話しながらペダルを漕ぐのはなかなか大変なのですが、そんな時はこの曲をイメージして走ることにしましょう!!

 
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加