阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

紀の川市桃源郷ハーフマラソン

2007年04月22日 16時46分09秒 | スポーツ
 今日は紀の川桃源郷マラソンに参加しました。

 結果は1時間51分43秒。403人中119位でした。タイムは自己ベストより19分以上も遅く、7回走ったフルマラソンの中間点のタイムと比較しても一番悪いタイムでしたが、今のコンディションでベストを尽くした結果として自分が想定したタイムとほぼ同じでした。練習はウソをつかないことを痛感したレースでした。(ウソをついてくれることを密かに期待していたのですが、甘かった!)
 
 走り出して最初に感じたことは、体がとても重かったこと。選挙応援のため忙しく、深夜&早朝のジョギングを数回しただけだったので想定の範囲内でしたが、体重と脚力のバランスが完全に崩れていることを痛感しました。最初から全力で走ったらとても続かないと思ったので、初の10キロは練習、次の5キロはウォームアップと考えることにして、15キロ地点を過ぎたら行こう!と作戦を切り替えました。

 実際には15キロ地点では脚がかなり張っていましたが、ピッチ走法に切り替え、また、自分がシドニー五輪での高橋尚子選手になったことに、頭のギアも切り替えました! 実際にはそんなにペースアップできたわけではありませんが、ゆっくり走っていたそれまでとは景色も違って見えるようになりました。

 タイムには納得していませんが、でも、参加して良かったと心から思います。

 民主党和歌山衆議院第一区総支部長の岸本周平さんと県会議員選挙にトップ当選した藤本眞利子さんも、早朝のレースの応援に来てくれました。お二人が応援している「和歌山からJリーグチームを作る会」の事務局と「アルテリーヴォ和歌山」の選手も3キロレースに参加しました。選手は3人中2人が入賞したそうです。さすがですね! 

 岸本さんはまた、来賓として挨拶に来ていた世耕弘成参議院議員と石田真敏衆議院議員、さらに中村慎司紀の川市長を紹介してくれました。世耕氏は7月の参議院選挙で1議席を争う現職ですが、この場では来賓と選手として楽しく話をしました! 来年のレースでは、来賓として参加しつつ、ハーフマラソンで少なくとも10分は記録を短縮したいものです。

 今日は運命の投票日。和歌山市、橋本市の公認候補者の結果が気になるところです。私は橋本市まで車を飛ばし、深夜の結果発表を候補者とともに待つ予定です。小田原市議会選挙、山北町長選挙、さらに、私の親友が出馬している平塚市長選挙の結果も今日、判明します。ドキドキです!

写真:紀の川市桃源郷ハーフマラソンでゴールする私
  

さかぐち直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加