阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

小泉首相の靖国参拝

2006年08月15日 22時42分38秒 | 政治
 終戦記念日の本日、小泉首相が靖国神社を参拝しました。

 私は反対です。何よりも国益に反しているからです。

 小泉首相は01年の総裁選前、それまでほとんど行ったこともない靖国参拝を公約にしました。それは自分が首相になりたいがため、組織票を見込んだ政治利用だったと思います。また、総選挙があった昨年は、靖国問題が争点になると不利と見て10月に参拝しました。都合良く政治利用しておきながら、「公約」を果たすために退陣が決まっている今年になって8月15日に参拝し、「心の問題」と突っぱねる態度に強い違和感を感じます。

 私は中国、韓国が反対するから行くべきではないとは思いません。両国はアジアの隣国としてお互いを尊重し、協力し合うべきパートナーであると同時に、地域のライバル国でもあります。例えば両国は日本の国連常任理事国入りに強硬に反対し、あらゆる手段を使って阻止しようとしていますが、それは両国にとって明確に国益に反するからです。長期的視野に立ち、時に相手が嫌がることをするのも外交力だと思います。同時に、例えば米国が独善的な政策に走ろうとした場合、いつでも協力できるようなパートナーシップを構築することも必要だと思います。

 しかし、例えば中国でビジネスをしている私の友人などは、小泉首相の靖国参拝により様々なビジネスチャンスを失い、また時に生命の危険さえ感じていると言います。靖国参拝を政治利用し、結果として両国に都合よく利用され国益を損ねているとすれば、それは首相として賢明な態度ではありません。 

 「二度と戦争を繰り返さない誓いのために、英霊に哀悼の誠を捧げる」という思いには、私も心から賛同します。私自身も靖国神社に参拝したことがありますが、行って良かったと思います。「平和構築」という自分自身のテーマに出会う上での貴重な経験でした。

 しかし首相として不戦の誓いを行うのであれば、他にも方法はあったはず。今回の参拝は小泉首相の身勝手なパフォーマンスに思えてなりません。

 
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加