阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

町屋と人形さまの町おこし

2006年04月29日 09時11分45秒 | 日常
 皆さん、おはようございます。

 今週は、とにかく地域を歩きました。火曜日は山北町、水・木曜は秦野市、そして昨日は小田原市の支援者と一緒に商店街や民家を訪ね、地域の方々と意見交換をしました。昨年は、一軒でも多く訪ねることを自分に課していましたが、今は、件数よりも、できる限りお話を聞かせて頂く事を念頭に置いて歩いています。

 中小の商店の状況は本当に厳しく、改めて、格差が広がっていることを実感しました。同時に、多くの方々が、地域の環境や文化を活かし、何とか町を活性化したいと必死に努力していることも改めて感じました。

 私の大学時代の友人である吉川真嗣さんが新潟県村上市の町おこしに奮闘する姿を描いた「町屋と人形さまの町おこし」(学芸出版社・吉川美貴著)をHPの掲示板でも紹介したことがあります。古い町並みと人形を活かした町おこしの過程がイキイキと描かれていて、ひとりの人間が、町おこしを通して人々の価値観までを変えることができるんだ!」と力を与えてくれる本です。以前、私が熱心にその話をしたところ、私が住んでいる国府津で、まさにその本をテキストにして、新たな町おこしの機運が盛り上がっています。国府津を気に入り、避寒地として何度も滞在していた第15代将軍・徳川慶喜をテーマとした町おこし。このことはいずれ詳しく紹介したいと思います。

 今日はこれから小田原・足柄地域連合のメーデーに参加し、午後からは和歌山に行って来ます。様々な地方都市の町おこしの現場を見ると同時に、遠い親戚でもある和歌山1区の民主党候補者・岸本周平氏と意見交換を行うのを楽しみにしています。

 
 さかぐち直人政治活動ホームページ
 阪口直人国際協力活動ホームページ
 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加