今後数年間は、まさに足場固めの時期でもある

2017-08-05 16:31:44 | 日記

今後数年間は、まさに足場固めの時期でもある。次世代のスカイアクティブはより技術難易度が高くコストの壁もある。ただ、マツダの場合、自らの「軸」や方向性が「独りよがり」にならないように、既存の顧客を言わば“モニター”のように捉えている。

http://www.travelog.jp/user/profile/mp_profile.php3?userid=sdfdgdstr http://lets-robot.com/userinfo.php?uid=8893 同社の価値観と方向性に共感しているであろう既存の顧客が満足することを基準にして開発・生産を進め、市場に投入して反応を見る。そしてその結果を前提としてさらなる開発や改善を行う。そうすれば、軸をブラさないまま少しずつ新しい挑戦をしていくことができる。

 この軸をブラさずトヨタとより踏みこんだ提携の果実を得ることは、簡単なことではない。

http://pepakura.info/userinfo.php?uid=1837 http://garou.net/userinfo.php?uid=575

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 以前から小飼社長は「独自でE... | トップ | 大塚家具が4日発表した平成... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。