JA7GOG - ワンコに引かれてダイヤモンド探し

仮説、通説、迷信、誤解、目指せ間違い脱皮。勿論ここにも。

インフルエンザ予防・大気汚染にウイルス捕捉フィルター

3キロ上流へ

2017-03-20 11:26:31 | 北上島地球史
赤重、深海底火口から離れ、まだ凍りついている道を進むと、

貫入かな。

真ん中の岩は緑、

両側は、

深海底の堆積岩。

黒い縞はブラックスモークによる、とすれば、なるほど。
ストロマトライトとされた岩もあったかもしれない。

20メートル上り標高260m、

白っぽく変化しています。

350m、縞のない薄緑色の石、

黒い塵のような物が混ざっている。

ファーブルで見ると青い球体だ。縞状堆積岩が風化堆積したものだろうか。
小さな山頂、今日はここまで。

この縞状堆積岩はヤブー北壁の下、道の崖にもある。
標高の違いはヤブー火山の隆起によるものか。
ヤブーは蛇紋岩から浅海の頃、サンゴの化石からロディニアの時かもしれない。
カラミテスの頃は陸地、パンゲアでは北の海、ダチョウ恐竜の頃は陸。
シンズークは年輪のある樹木。安定大陸説、合理性は、。

チャート
http://structure.cande.iwate-u.ac.jp/miyamoto/ground/chert.htm
≪チャートが放散虫といった珪質プランクトンが降り積もってできた岩石であることは、≫
≪チャートが堆積したのは、炭酸カルシウムが溶けてしまう炭酸塩補償進度
(CCD:現在の海では深さ4000m)よりも深いところ≫

チャートが生物由来と定義されているのであれば、
この堆積岩の名前は?

http://planet-scope.info/rocks/chert.html
≪先カンブリア時代のチャートは、 主に海底火山の熱水噴出孔の作用によって形成された。 特に太古代から原生代前期では海底火山の熱水噴出活動に伴って形成されたチャートが広く見られ、≫
≪先カンブリア時代のチャートは必ずしも深海で形成したものはなく、浅海で形成したと考えられるものも広く存在する。≫

同じくチャートですか。
マーブルバーチャートは深海。ここの堆積岩は深さを感じさせない。
どんな違い、時代か、深さか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釣果は35億年物 | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL