JA7GOG - ワンコに引かれてダイヤモンド探し

仮説、通説、迷信、誤解、目指せ間違い脱皮。勿論ここにも。

インフルエンザ予防・大気汚染にウイルス捕捉フィルター

標高差の何故

2017-07-13 08:24:36 | 北上島地球史
22億年前の氷河の痕跡を求めてぶらり、運転しながら、それらしい所はないかと考えていると、滝沢市の西の山道。

雫石は盛岡市より標高差200メートルで平野になっています。間には山があってモレーンを思わせる地形をしています。22億年前ですから、痕跡が見つかるかは望み薄。

一つのモレーンと思っていましたが、高峰山から大釜までの山はパンゲア分裂の時の熱水噴出で出来たようで、谷地山に続く山がモレーンのようです。



熱水口の壁、オレンジ四角


谷地山の氷河砕屑石、

青は御大堂山頂の石と同じです。青四角右

氷河の流れてきた方向には葛根田渓谷があります。

氷河が削った壁か、青四角左

九戸の壁と同じ。


方向は一致しています。2017-07-05 「22億年前」

壁は22億年前、砕屑は6or7億年前、さて、どうでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おいしい水 | トップ | 迷子探し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北上島地球史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL