工房アパート時々倉庫

仕事半分、趣味半分。

1970年代

2017年04月19日 | 日記・エッセイ・コラム
出てきちゃいましたよ、こんなモンが。
いや~参った、マイッタ。

例の「タダ・コレ」の中に入っていました。
こんなのが出てきたら若かりし頃へタイムスリップは必然。



イラストレーター及川正通さんの展覧会チラシ。
2012年9月~12月・横須賀美術館・観覧料300円。

「ぴあ」の表紙用イラストがメインの展覧会。

勿論、行ってません・・・が、
当然、行ってみたかった。

池袋・文芸坐、飯田橋・佳作座、銀座・並木座などなど。
世田谷の大学へは背を向けて名画座大学へはせっせと通った。

「教育社会学概論」は鞄に入れなくとも「ぴあ」だけは・・・。
ケータイもスマホもなかった時代、「ぴあ」は唯一無二の情報源。

そんなソウコオヤジにとって及川さんのイラストは神々しい限り。
特に伝説の女優YHの顔の表紙なんて・・・。
スゴいとしか言いようがなかった。


和田誠サン・安西水丸サン・横尾忠則サンも神サマです。
当然ながら、みんな個性の強いのなんのって。

1970年代、名画座・古本屋・旅・小林下宿。
ソウコオヤジの90%はこの4つから出来ていました。
 
以上、本日の昔話はオシマイ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裏方たちの記念撮影(スプレー部) | トップ | 袋めん考 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。