工房アパート時々倉庫

仕事半分、趣味半分。

トチ・ツク・ハリ・トチン・目

2016年10月25日 | 作品作り
これもギョーカイ用語or専門用語?
釉薬をかけた器と棚板が窯の中でくっつかないようにするため。

そのための小道具と言ったらいいのでしようか。
陶芸をやる前は当然こんなモノも名前も知りませんでした。



皆さんいろんな大きさと形をそれぞれ工夫して自作しているようで
ソウコオヤジもシジミの殻から写真の○粒まで色々使い分けています。

そして、今回はミニ・カップには□粒を使ってみました。
器にも棚板にも触れる面が○粒より多いのですが、今回は安定感重視。



灰釉などのシブい器では目跡が「景色」にもなりますが
さすがにカラフル・ツートンカップでは、どうなんでしょう。

このミニ・カツプは高台が浅いので窯焚き中はキケン度が大。
くっついてダメにするよりは、今回は安全・安心を優先させました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒコーキ雲 | トップ | 落語「猫の皿」現代版 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。