工房アパート時々倉庫

仕事半分、趣味半分。

「競負」流お茶席

2017年06月17日 | 日記・エッセイ・コラム
実は今までナイショにしていましたが今回の作品展では
ソウコオヤジの作った茶碗を試ししてもらうためのお茶席、ご用意しました。

まずは「競負」の読み方から。
「キョウフ」と読まず「セルフ」と読みます。

Do it yourself の self です。
要するに茶事の常識をひっくり返したびっくり企画。

「自分で飲むお茶は自分で点てて飲む」セルフサービスのお点前。
おもてなしのココロなんてこれっぽっちも無い破天荒なお茶です。

利休も織部も真っ青 🙉

とはいうものの、抹茶は蕎麦打ちの時に使う篩で下準備。
30gウン百円の安い抹茶でも美味しく飲んでもらうため。



アレッ、言っていることが矛盾しているじゃないか?ガヤ・ガヤ
(この件につきましては「上からのご意向」を忖度致しまして参議院予算委員会にて答弁致します)

オット、また悪い脱線癖が出て来たので・・・

今日は作品展ちょうど一週間目。
ご来場いただいたお客様全員が「恐怖」じゃなくって「競負」流のお茶を体験。

小学生から70代のSさんまで茶筅を持ってクルクル・ゴシゴシ。
チョコやマシュマロを食べながら楽しんでもらいました。

これからおいでいただく皆様、
是非この「競負」流のお茶、体験してみてください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オレ達、仲間だよナ!? | トップ | 会場レイアウト一部変更 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。