工房アパート時々倉庫

仕事半分、趣味半分。

麺打ち棒の鞘

2016年10月19日 | 料理と器
本格的に蕎麦打ちを諦めました。
もうダメです、才能も根性も無い。

しかし、うどんならばまだまだ修行を積めば大丈夫。
…ってな訳でこの夏もご承知のとおり「つるぴかり」を数回。

これからは寒くなり「お切込み」のシーズンですが
煮込んでしまうので、わざわざ手打ちうどんを使う必要は・・・。

そこで、麺打ちセットも来夏まで工房の天井裏へGO。
実は、最近ある人から本格的な麺棒を貰いまして。

これがまた、シロートには立派過ぎる本格的なモノでして。
長さといい、重さといい、使い心地といい、スゴいんです。



ホントに家宝にしてもいいんじゃないかと思うくらい。
こりゃあ大切に仕舞わなければいけない。

…で、早速ダンボールで専用ケースならぬ専用鞘を作りました。
麺打ちにとって麺棒は武士の刀と同じこと。



何だか不格好だけれども、これはこれで良しとしよう。
要はココロの問題、職人は道具を大切にするもんじゃ。

そうでござろう、ご同輩。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« W文字逆さ箸置き | トップ | 「組織」を外れても・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。