工房アパート時々倉庫

仕事半分、趣味半分。

ざる蕎麦vsカラー蕎麦猪口

2017年03月08日 | 料理と器
以前に作った例のカラー蕎麦猪口ですが。
使い心地はいかがなものかと思いまして。



実際に使ってみることにしました。
しかし、立春はとっくに過ぎてもこの寒さ。

蕎麦を用意するのも面倒なので、困ったときのコンビニ頼み。
早速、近所のコンビニでざる蕎麦を購入。



先日は Return to nature などとエラそうな事言っておきながら。
安易にコンビニエンスストアなんぞを利用するなんて・・・・。

必死にココロの中で言い訳を考えつつズズッ…チュルチュルッ。
ウッ、想像以上に美味いじゃないか。



おっと、蕎麦の味じゃなくって蕎麦猪口の使い心地だ。
まずは、ピンクの蕎麦猪口で実食してみたところ。

う~ん、落ち着かん。
写真もピントが後ろの容器に当たっているじゃないか。

気を取り直して黄色の蕎麦猪口を使ってみると。



なんだ、こっちも肝心な蕎麦猪口がピンボケだ。
それに、黄色はピンクに輪をかけて落ち着かん。

そんなこと、作る前から分かっていたのに・・・。

         🍜

結論 ➡ 蕎麦は染付の蕎麦猪口に限る!

追記 ➡ 大量に作ったカラー蕎麦猪口、どうしよう。
    そうだ、これはデザート用のカップということで・・・。
    












  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青空に電柱 | トップ | 壊れたサンタ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

料理と器」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。