虹のじゅもん

当ブログを訪れた人には「夢が叶う」という呪いがかかる。

猫をかわいがったら呪いはさらに強力になるであろう。

続ける才能

2016-10-17 05:05:05 | つぶやき
幼稚園から中三の十二月までピアノを習っていたのだが、けなされた記憶しかない。
練習してないんだから下手だし、ほめられるわけがない。

物作りが好きで、折り紙や、紙細工、木工細工をよくやっていた私にとって、同じ楽譜を弾くピアノが性に合わなかったのじゃないかと思う。

だらだら続けていたら、小五、六あたりでショパンワルツを弾けるようになり、テレビで中村紘子さんが弾く「子犬のワルツ」を聞いて、同じ楽譜でもこんなに違うんだ、と気付いてそのあたりからまじめに練習を続けた。
結構がんばった。

音楽の才能があれば、最初に「ド」と弾いた時点で、弾き方によって全く違うことがわかるのだろうし、ピアノを弾いているだけで幸せ、怒られても隠れてでもピアノを弾きたいって言うのが才能なのだと思う。

ものすごく地味だけど、私には何かを始めたらとにかく続けるという才能があると思っている。

ほめられた事なんてただの一度もなくて、けなされっぱなしで続けたもんね。
ほめて育てるって言うけど、ほめられなくたってやる奴はやるのだよ。ふん。



このブログを読んだ人には「続ける」という呪いをかけてやる。
今、始めた事、あるいは今続けていることを十年続けて、十年後、自分で自分を幸せにすることができるだろう。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なにこれ | トップ | ショパンコンクール »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます☀ (はーい♪にゃん太のママ)
2016-10-17 06:14:14
わかります(*^_^*)
私も先生が変わったら、叱られてばかりで
サボるようになりました(o^^o)
Unknown (とろぽん)
2016-10-17 07:41:06
自分で自分を好きになる、いいですね。

私も褒められないのとはちょっと違って、こんなことを言うと怒られてしまうかもしれないけれど、褒められるのがンごく嫌いな子どもでした。
友達が「すげーよ!」と正直に感嘆して心の底から賞賛してくれるのはいいけれど、
「偉い偉い、すごいすごい」と大人に言われるのは苦手だったのです。

だから、「何かをやって」とお使いを頼まれると、「いいよ、でも褒めないでね」と・笑
小学生中学生になった途端大人だと錯覚する子供は嫌いだったけれど、自分が1番背伸びしていました^^;

そしてけなされても褒められてもむっ としながらひとりで黙々とひとつのことばかりやってきていました。
今考えてみると褒められたいことは褒めろ褒めろとうるさかったし、
かなり周りの人たちが優しくてけなされることなんて一度もなかったけど…(-_-;)

でも、自分で自分が大好きです。
おはようございます。 (kiriy)
2016-10-17 08:01:11
この記事を読んで、近頃ずっとサボっていたある事を、また練習を始めようと良く気持ちになりました。

あっ、「呪い」にかかってしまったのですね、きっと ♪
おはようございます。 (TANAKA)
2016-10-17 08:28:12
ほめ育て、というのが流行ったことがありましたが・・
けなされていても、たまに本気で褒められるほうが、
その分すごくうれしくて、やる気になるのでは?

あ、私は同じことを続けるのは大の苦手です。
飽きっぽいです。自信があります。(笑)
でも、飽きっぽいのも才能と思っています。
すぐ飽きるので、何とかしてもっと簡単に出来ないかと考え、
その結果、アイディアが湧いてきます。。
わぁ~~、呪文にかかったら、どうしよう~!!
にゃん太のママさんこんばんは (虹のじゅもん)
2016-10-17 20:24:30
続けるも続けないも、最終的には本人の意思だと思います。…私の先生も怒る先生でした。ぶーっ!
とろぽんさん、こんばんは! (虹のじゅもん)
2016-10-17 20:27:54
続けても続けなくても、自分を好きでいられればいいんです。でも、…やってみなけりゃ、やめてみなけりゃわからないのが人生です。
友達が本心から「すげえ」と言うのと大人が「すごいね」って言うのは違いますからね。ほめ言葉とおだて言葉ね。
素直に「ほめて」「ほめなくていいから」と言えるといいんですけどね。
自分が好きで自分を大切にできる人は、人様も大切にできると思います。では。
kiriyさん、こんばんは! (虹のじゅもん)
2016-10-17 20:29:30
はい、呪いにかかりましたね。
あなたは、続ける続ける…十年、続けるのです。
もしかすると二十年続けちゃうかもしれません。
TANAKAさん、こんばんは! (虹のじゅもん)
2016-10-17 20:34:11
小さな子供でも、ほめるとおだてるの区別はついちゃうんですよね。意外と自分のレベルに気付いて居たりもします。
いろんなことを次々に手掛けるのも才能だと思います。
三日坊主も芸のうちです。
やってみなけりゃ自分に合うかどうかわかりませんから。ではでは。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL