虹のじゅもん

当ブログを訪れた人には「夢が叶う」という呪いがかかる。

猫をかわいがったら呪いはさらに強力になるであろう。

理不尽に怒られたこと

2017-06-16 06:00:00 | つぶやき
子供の頃、テレビに「おすぎとピーコ」が出ていて、
父に「これはなんだ?」と聞かれて「おかま」と答えたら、「品のない言葉を口にするな」と怒られた。
じゃあ、なんて言えばいいの?
女の子はあぐらをかいてはいけない、と育てられた世代なので、今思うとわからないでもない。

十代の女の子は「女の子らしく振る舞う」のが照れくさい時代だから、しょうがないとも思う。
でも「だめ」という大人の存在は必要だと思うのは、私がすでにそういう年齢になっているからだろうか。
ジーパンでも女の子のあぐらはだめだと思う。

「見せパン」だから見えても恥ずかしくないって? 
いやいやいやいや。
普段の生活でパンツが見えたら恥ずかしい。頬を赤らめるもんなの。
見えてもいいのは、チアガールとか、テニスのアンダースコートのようにスポーツだけだって。

ところで、「おすぎとピーコ」が、一人の人間だと思っていたのは私だけじゃないと思う。



このブログを読んだ人には「やだ恥ずかしい」の呪いをかけてやる。とても恥ずかしい事をやってしまうだろう。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自慢話をする人 | トップ | ブスが化粧してどうなる? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL