虹のじ ゅもん

当ブログを訪れた人には「夢が叶う」という呪いがかかる。

猫をかわいがったら呪いはさらに強力になるであろう。

花かんむり

2017-04-06 06:06:06 | つぶやき
子供の頃、野の花をむやみに摘んではかわいそう、と言われたが、シロツメクサの花かんむりは何度か作った。
田舎なので小さな女の子が摘むシロツメクサはたくさんあったし、許容範囲と言うか、小さな女の子達のために咲いていたようにも思う。
それも自然の一部だった気がする。

花かんむりを作る時には花をいためないように摘み、切れないように手加減して茎をしばり、四つ葉を編み込んだ。
作り方は他の子が作ったのを見せてもらったり、年上の女の子達に教わったりした。
数時間かけてつくった花かんむりを持ち帰った記憶はない。

友達のとクローバーの中にきれいに並べたり、大きな葉の上に置いたりして帰るのだが、次の日に行くと必ずなくなっていた。

「誰かが持って行ったんだ」その誰かはきっとこの世のものではない、天使とか、妖精とか… ユニコーンとか。
口にはださないけれど、そんな風に思っていた。
そういう存在を信じたいお年頃だった。
いや、本当にそうだったのだ。

世の中には知らない方がいいこと、知る必要がないことがたくさんある。



このブログを読んだ人には「知らなきゃよかった」の呪いをかけてやる。誰かのちょっぴり恥ずかしい秘密を知ってしまうだろう。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遠慮なさらず | トップ | ところてんを考える »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL