x3変態長のブログ『まえのめりでいこう』

あまり深く考えず思ったことを口にしてしまうタイプです

今年の可部連山は散々でした的な『2016可部連山トレイルラン』

2016-11-07 19:50:31 | トレイルラン

こんばんはx3です

2016可部連山トレイルランレースに行ってきました

今回で4回目の開催で全てに出場しています

昨年は雨でコースが短縮されたのですが今年は良い天気です

昨年に引き続きK野さんとの2人旅

受付後タトゥーシールを貼ってもらいました



一昨年の土砂災害の際に書かれた書道部の作品も選手を迎えます



開会式後ブラスバンドや書道パフォーマンス、太鼓の演奏などでテンションが上がっていきます



今までの経験上『堂床山』を越えてしまえば抜かれることはほとんどない

それまでにどれだけ抜いておくかが順位を上げる鍵になると考えていた

しかし今回はコース上に掲示してある書道部の作品を全部撮影することにしていた

それをしつつも順位を狙うという あつかましさ・・・

やっぱり強欲は罪ですな・・・

 

さてスタートの後はしばらくロードの登り

マイペースで走ります

第1エイドのところに早速書道部の作品発見

しかしまだ全然ランナーがバラけてないので撮影はしなかった

ここはレース終盤にまた通るので そのときに撮影することにして先に進む

加賀津の滝のところに2枚目

 

 

ここからは多少脚を使っても前を抜いていきます

こんなときにも写真撮影

 

 

リアルレース中です!

ここに写っている4人はやっつけました

苦しい登りも終わり 堂床山山頂到着

 

 

汗だくでクラクラしてますが ここからは軽快に爽快に下っていきます

しかしここで異常に気が付く

下りで後続の選手に抜かれていく

「今年の選手は速いな~」なんて思っていたけど どうも違う

斜面で脚が回っていないし 踏ん張りが利かない

練習不足がこんな形で出るとは・・・

こうなってくると もう消耗するだけ・・・

平和マラソンが思いのほか好成績だったので「いける」と勘違いしてしまった

レースをマネイジメントして練習不足を補う走りをしなければならなかったのに・・・

 

こうなっては仕方がないので楽しむほうにシフト

龍神湖は今日も静かだ

 

 

この辺りでスタッフとして参加していた面識のある会社のOBに会う

少し話して再スタート

下を向いていた気持ちが少しだけ前に向いた

 

やっとのことで可部峠エイドに到着


 

一里塚跡が新しくなっていた!

休憩中にK野さんが抜いていく

追う余力はないのでタラタラ進んでいく

ピークのたびにスタッフがいて応援してくれる

とても心強かった

 

このコース最後の絶景ポイント 山車展望台


 

ここを下って いくつものピークを過ぎると『三本松』への激登り

苦しくて どれほど登ったか分からなくなっていると唐突にピークに到着

 

 

本来ならここから中倉峠まで喜々として走っていくところだが今日はトボトボ進んでいく

もはや今のモチベーションはゴール後に女子高生にタオルをかけてもらうことにシフトしていた(笑)

中倉峠までの最後の下りもソロリソロリと下って中倉峠エイド到着

 

 

ゆずの砂糖漬け(付け?)が非常においしかった

昨年転んだ中倉峠からの下りは土が敷いてあり非常に走りやすくなっていた

ここの下りですら斜度の急なところでは踏ん張りが利かず歩いて下る

舗装路に入っても全くペース上がらず・・・

この舗装路のくだりだけで2作品あった

 

 

序盤に撮影できなかった作品のところまで戻ってきた

 

 

橋を渡ると登りになる

ここだけは絶対に歩かないと決めていた

練習を十分したときでさえ ここの登りは非常にキツイ

今の状態では もっとキツイ

何とか登りきった

今度は下りなのだが全く踏ん張りが利かないし脚も痛い

「来年は絶対練習してから出るぞ」と思いながら下っていく

運動場までの最後ののぼりを登りきるとゴールが見えた

 

 

なんとか女子高生にタオルを掛けてもらえる時間に帰ってこられた(笑)

 

 

こんな感じです

写真は赤の他人です

 

書道部の作品は多分コンプリート・・・

って、あっれ~

表彰式を見ていて気が付いた

表彰台の後ろにもうひとつ

 

 

多分これでコンプリート

可部峠の作品を取り忘れていたがエイドの風景を撮影したときに偶然入っていたのでヨシとしよう

吹き付ける風が冷たく震えながら うどんを食べてK野さんと帰路に着く

 

帰り着くと体中が痛い

風邪引いて熱が出たときのような感じ

仮眠したいけど火照って眠れない・・・

 

ちなみに今年の参加賞のタオルはこれ

 

 

毎年色が違うんだね

 

ベストより30分近く遅かった今回はいろいろ勉強になった

下りが得意だと思っていたが登りの方がアドバンテージがあるようだ

脚が売り切れてからは抜かれていくばかりだが下りより登りの方が差がつきにくかった

好きと得意は違うんだね・・・

 

入浴後 筋肉痛の恐怖に怯えながら無理やり就寝


来年は練習してから出るぞぉ~!!!

 

って、今は思っている(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「山登りは登る順序が大事!... | トップ | 同僚と行く 秋の三倉岳 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マスダ)
2016-11-08 23:00:41
こんにちは、ますだです。私もエントリーしていたんですが、4日に近所にお住いの親族が亡くなりまして、泣く泣くDNSです。今年は天気も良さそうだし、3日に予行演習も済ませて、よしよしと思っていたのにとても残念です。

この大会本当に巡り合わせが悪いです。1.2回娘の運動会と同日のためDNS。昨年は雨…こんなもんなんでしょうね。。

私がトレランに出ると言って、一緒に申し込み走った者からの情報によると来年はコースが変わるとか?どうなるんですかね??
コースが? (x3)
2016-11-09 00:42:04
ますださま

エントリーリストにお名前がありましたので探したのですが、会えなかったので気になっていたのですがDNSされていたのですね。

この大会は雨と晴れが交互になっているので流れで言うと次回は・・・

来年コースが変わるの件は初耳です。
って、開会式やブリーフィングをまともに聞かず雑談してたからというのは内緒です(笑)
脇道に入るって言うのも現実味が無いですし・・・
どうなるんでしょうね?
ちょっと楽しみです(笑)

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL