きのつらゆき(Kino_Tea)

紀貫之のごとく、気の向くままに、つらつらと、(書いて)ゆきましょう。
ブログというより備忘録。スケート関連多い。

リプニツカヤの涙 (I'm always your fan.)

2016-11-07 | Skating


(GettyImages より Sorry not to embed the photo.)

泣いたのか、泣くまいと耐えたのか、気丈に振る舞うリプ子
2014年秋のGP中国杯以来の涙か。あの時よりずっと美しい。

最近はジュニアの試合をたくさん見ているが、何だかんだと言いながら、リプ子の試合はほとんど(?)見ている。
グランプリシリーズやロシア選手権といったメジャーな試合だけでなく、オンドレイネペラ杯も、テストスケートも、昨シーズンのチロル杯、ロシアカップファイナル、フィンランディア杯も。バレーダンスも、アイスショーも。


しばらくは 3T+3T を跳ぶのに苦労していたリプ子が、オンドレイネペラ杯で再び 3Lz+3T を跳んでいた。GPアメリカの欠場は驚いたが、GPロシア杯ショートは復調を感じさせる内容で、ふっくらしていた顔もスリムになっていた。ペア転向報道などの雑音もあったが、演技終了後は久しぶりによい表情だった。

ちなみに「でかパンダ」をプレゼントしたのは、ポリーナ・マカロワ選手のようだ。


フリーは、途中で演技を中断。そして再開、完了。
練習中にすでに足に違和感があったのなら、ウルマノフ・コーチは棄権を判断してもよかったのでは。演技中断後の再開もどうなのだろう。ケガを治すことを最優先にすべきではないか。このあたりは日本語、英語、(ロシア語も?)の各種サイトでいろいろ語られているようだ。

演技を終え、キスアンドクライでじっと耐えるリプ子に胸がキュンとなった。ソチ五輪のスーパースターとは言え、まだ18歳の運転免許取りたての女の子だ。


しかし、、、故障はないはずの佳菜子が約3点差とは・・・こっちの人も大丈夫かな?


ああ、扱いは小さくなってしまったが、ポゴリちゃん、パーソナルベスト更新おめでとう!
悠良の3Lo+3Lo(SP)、2A+3T+3Lo(FS)も頑張った。ヒックスは去年のNHK杯に続き表彰台だ。ラジ子の身長はポゴリに並んだようだ。
Podium, Rostelecom Cup
(GettyImages より)


リプ子には強気な発言がよく似合う。キルビルの衣装にダースベーダのお面をかぶり、「フォースの暗黒面に従うのだ」とメドベ、ポゴ、ラジを従える姿を見たい。そして宴席でクレオパトラの舞を見る。

リプ子がんばれ!


(追記)リプニツカヤ、モスクワで検査へ(News)

『フィギュアスケート』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (2016/17)フィギュアスケート... | トップ | 女子の4回転ジャンプ (トルソ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Skating」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。