食感!(食後感想文) By京都

最近、食べたこと 行った店 昔の話などなど蕎麦が多い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

粗挽き蕎麦の定義 

2008年04月21日 | 蕎麦関連の話

つれづれ蕎麦'08さんの記事に発見しました

八王子 「いっこう」の ブログです。

何やら グラフの写真 クリックすると

・・・蕎麦粉粒度分析グラフとある

よく見ると 左側に

粗挽きとは
 40メッシュ以上の粉が30%を超え且つ25メッシュ以上の粉が 5%を超えている

超粗挽きとは
 40メッシュ以上の粉が50%を超え且つ25メッシュ以上の粉が30%を超え18メッシュの粉が5%を超えている。

更にしたの部分には
コメント1 同じ石臼では挽きかたを色々変化させても 粉の分布傾向は類似するものと思われる

コメント2 製粉専門メーカーは業務上、60-80メッシュを中心に粉は集中(70%)している傾向がある。

コメント3 手挽きの方が粉の分布を幅広く創ることが出来る。挽きかたの選択肢が自由にコントロールできる為か

コメント4 粗挽きは24メッシュ以上が20%を超えると10割では繋がりにくくなる

コメント5 製粉専門メーカーの粉での十割は非常に楽に打つことができ 細打ちも十分に可能 が味は薄い

もやもやと 思っていたことが 書かれていました。

美味い蕎麦を鱈腹食べた満足感が漂います。

有難うございました。



 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« じん六 19時まで営業の真実 | トップ | 粉の違いが 蕎麦の違いになる »
最近の画像もっと見る

あわせて読む