食感!(食後感想文) By京都

最近、食べたこと 行った店 昔の話などなど蕎麦が多い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

椅子席でお願い出来れば

2009年09月27日 | 蕎麦関連の話
元気なお年寄りが増えてきている今日この頃です。

蕎麦屋さんにも 明らかに人生の楽園を過ごされている方々を 良く見かけます。

坂の上や 階段を上らないと行けない店つくりも見かける
店が暗くて 足元の段差が見えにくかったり これらはお店の
考え方で決まります。

正座や 座敷が苦手と言う訳でなくても
茶道においても 椅子席が設けられる時代

予想以上の長生きのため 本来の耐用年数である年月を超えた使用で
膝の痛みや股関節の痛みを持つ人は 10%を超えていて
今後 自覚症状がないが すでに変形の始まっている人は 30%と
言われています。全人口での割合なので 実質的な
前期高齢者の人口比では 更に割合が増えるは明らかです。

TVでも良く見る ヒアルロン酸 コラーゲン コンドロイチン等
あれほどCMを流しても採算が取れるほど
藁にでもすがる思いの人々が多いと言うことであろう。

専門家ではないが 直接これらのサプリメントを 飲んでも
体内には吸収できないと 言われている?。
万一 感覚以外の効果があるなら 薬品として認可を受けているか
病院で 薬として 膝の痛みを持つ方々の治療薬として
処方されていると思われます。

(蕎麦の ルチンも 吸収される前に 排泄されるとか・・・) 

余談はさて置き・・・・

座敷より 椅子席のほうが 客むきでは?と言う事です。

カウンター席でも 座りやすい椅子席が良かろう
座敷であった所に 椅子とテーブルを置いておられる店もある
大勢が 向き合える座敷のメリットもあるが
今後 改装や 新築の場合は 考えていただきたい。
また 奇をてらう店も楽しいが 歩き易い店も 店の見識だと考えます。

店主が健康だとしても 来てくれる客は 必ず健康とは 限らないのです。

勿論 トイレも 洋式が 必須ですね。。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 凡愚 (大阪大正) 手挽き... | トップ | 乃田 大阪交野市 うまい蕎... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です (ねぎ麻呂)
2009-09-27 21:22:00
若い人でも今はテーブルの方が良いのでは?
本当は座敷とテーブル両方有れば良いのですがね・・・。
どうも (辛汁)
2009-09-28 09:21:58
蕎麦屋に若い人は来ないので 余り考えなくても(笑)
何処の家でも 座敷を使って居ないぐらいだし
いちいち 靴を脱ぐのも めんどい
良いところ無いのです。

居酒屋みたいな蕎麦屋なら座敷も必要

あわせて読む