食感!(食後感想文) By京都

最近、食べたこと 行った店 昔の話などなど蕎麦が多い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そばもん 2 目で食べるそば

2009年06月20日 | 蕎麦関連の話
蕎麦は見ただけで そばの味がわかるという話

3種類ぐらいを説明している


最初は 前回の続き 上手く切れていない プロの蕎麦




① くたーーと寝転がったそば
  → 水切りが悪くのびた




② 蕎麦に艶が無い 角がぼやけている
  → もみこみ不足





③ べたべたして くっ付きそう
  → 茹が足りず 茹ってない部分が 水を吸う

  箸で持ち上げると その他の部分も持ち上がります。
  昔のTVドラマのワンシーンを思い出します。



これらは 蕎麦屋の責任である。
言い訳的には 営業として沢山の蕎麦を打つから・・・


良い蕎麦とは
美味しい蕎麦は

しゃきっとして蕎麦が正座している
艶があって若い娘の肌のようだ
角もピンとして 決して硬くない
水も良く切れていて 表面は湿り気があり光っている。



良い蕎麦に見えるんだけれども・・・少なくとも私には見えた
食べたら 駄目だった蕎麦の写真です。

そば切りの 技術の辺りまでは目で見えますが・・・
食べて美味しいとは限らない 深い蕎麦の道

見た目悪いが美味しい蕎麦の逆もあるかも知れないが
可也 確率は低いはず

綺麗な蕎麦切が出てきて 期待しすぎると
ガックリする度合いも大きい。

皆さんの写真やガイド本を頼りに 見た目の悪い蕎麦は
最初から お伺いしないようにしてはいますが・・・・
皆さんの評価が高いと ついつい騙されに行ってしまいます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そばもん 1 手打ちのからくり | トップ | そばもん 3 そばの食べ方 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む