食感!(食後感想文) By京都

最近、食べたこと 行った店 昔の話などなど蕎麦が多い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そば処 一滴庵(福井あわら市) 久しぶりの緑色のそば

2009年12月13日 | 福井の蕎麦屋
うどんの満腹感や トッピングの妙を考えると
同じ値段のそばはとてもCPの分が悪い。
まして 若者なら ラーメンを食べることでしょう。

蕎麦屋でも 満足感や お値打ち感、その他の充実感を与えてやれば
簡単に うどんやラーメンに勝つことが出来ると 最近感じています。

蕎麦の文化が既にある福井では そばはどんな位置づけなんだろう?
おろしをかければ 全て 大根の味になる。
まして 辛い大根おろしをかければ 蕎麦を味わうどころでもない。

バランス的な問題から 山葵をそばに塗りつけて食べると
そばの甘みが引き立つことがあるが・・大根は あまりにも辛さが際立つ。

ソバツユをどっぷり漬けないでという蕎麦屋の願いも
福井では 既に 店のほうから反古にしている。

私の そばを考えるときに 理解できない地域なんです。
蕎麦を味わうという食べ方が見られないのです。

焼そば定食や お好み焼定食のように 焼そばや お好み焼
更には うどんにも ご飯がつくことに 疑問を感じない関西人とは
明らかに 異文化として お互いを認めざるを得ない。

そんな おろし蕎麦の文化圏にあっても
関西でも 蕎麦を味わう人がいるように 蕎麦を味あわせてくれる
お店が何軒かあります。

今は昔、初めて蕎麦の色が緑色をしていることを知ってから
各地で 緑色の蕎麦を目にしている。
また 自分の技術だけでも再現できることも確認しています。

贅沢な方法ですが ヌキミの中から 緑色のみを
色彩選別機でより分ける
意識的に 熟していない蕎麦の実を収穫して 緑色を際立たせるなどして
緑色の甘皮を上手く粉に挽き込んでやる

保存技術の進歩やこだわりで これらの緑色の粒を
一年間残しておくことも可能です。

福井では 特産品の蕎麦の商品化として 緑の早狩りそば
地元の蕎麦屋さんでは 福井の蕎麦を使おうという地産池消
また 使っているお店であると 認定したりされています。

またまた 前置きが長くなりましたが・・・・・・

2年ぐらい前初めてお伺いしました。
毎年 1度ぐらいは 福井に 蕎麦喰いと蟹喰いの巡礼に
お伺いしていますが ある程度 めぼしいお店には
訪問済みなので 最近は2順目となりつつあります。
一滴庵』は 芦原温泉の北側 北潟湖のほとりに 今もありました。



福井では 手打ち蕎麦の名の下に 蕎麦は乱切り
玄蕎麦からの 黒いそばが多いが



丹念に 鬼皮を除いた 粗い目に挽いた 細く長い綺麗な蕎麦です。

思わず 顔が嬉しさを・・・
接写を失敗していますので わかりにくいですが 粗挽きです。
余り大きな粒を残さない挽き方ながら 蕎麦の実の
本来の味を 残している 微妙な粉作り
そして それを美味しい蕎麦に出来る確かな技術

メニューはいたってシンプル


蕎麦つゆは 所謂塩ダレ 口あたりは良いが 結構 味が濃い



おろしも 大根の辛さおさえ目で 蕎麦の味がまだ味わえる。
少し 地元の蕎麦とずれるけれども 蕎麦の味を中心に考えている
私には 大変嬉しい方向性でもあります。





蕎麦がいくら美味しくても ある程度の 清潔感や
清掃感が 感じられないと 蕎麦までが不味く感じるが
お店の 雰囲気も 必要の無い本などがある程度で
お店のセンスや 蕎麦屋に対するイメージをすでにお持ちで
自信をもって 蕎麦屋をされているというお店に思えます。

手挽きという話や 諸国食べ歩きという噂も聞いた事が
有りますが 全て定かでは有りません。

色んな 薀蓄を聞くよりも ただ 美味しい!とだけ
思って帰るだけで 十分に 幸せであります。

北陸温泉旅行の際には 是非立ち寄りたい














ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 粉挽きの勧め(そば粉のすすめ) | トップ | そば処 敬蔵(石川 野々市... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む