食感!(食後感想文) By京都

最近、食べたこと 行った店 昔の話などなど蕎麦が多い

伊呂波 大阪東大阪 甘い卵焼のルーツ

2010年03月14日 | 大阪の蕎麦屋
市内から 地下鉄中央線の相互乗り入れで 近鉄荒本駅より 数分
初めて 降り立つ駅には マンションが立ち並ぶ

可也 以前から 訪問予定としていたが 蕎麦が 微粉系の為後回し

(次に書く 同じ近鉄 新石切の 手挽き十割蕎麦を頂くべくお伺いする)

10階建てぐらいの マンションの1F
その部分だけ切り取れば 周りとは異空間をかもし出している。





ブログなどの記事から メニューや お酒のことなど
詳しいことは判りません。







卵やきとお酒

久しぶりに でてきた甘い卵焼き

帰り際 ご主人に 関東のご出身ですか?と尋ねる

東大阪です。

卵があまいので・・

修行先が 岡山 水谷で 水谷の御主人は 田中屋 まつやで修行経験ありとか

そんな ルーツが わかった


関西人には 卵が甘いのは理解できません
是非 関東風と書いておいて欲しいところ
関東からの客も 思ったものと違うのが来ると困られるでしょう?



この灰色の蕎麦は 並木籔の色に似ている
幸い角と コシがあって 90%ぐら揃った良い蕎麦ではある



つゆも 関東のように異常に辛いことは無いが 大阪では辛いほうである。

二軒目と言う事で 大盛りになる 鴨汁を避けたのは失敗かな・・・

ザルががたがたして食べにくい

こうだいの様なものがあるので安定は良いはずではあるが
中央部が 長い間に 飛び出て 不安定にしている。


トータル的に 高いレベルのお店なので 小さいことが気になった





・・・良いものは いつも洗練されたあなたと共にあります。→なんか違う?

そんな人々に支持されて 最良の品質と味は完成するでしょう


専門家や ご主人に 正しく聞きたいところです。

禁煙 自家製粉 トイレはよう式 本に寄れば繋ぎあり?





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蕎麦の形状をした食べ物 | トップ | 根も葉も無い話 ① »
最近の画像もっと見る

大阪の蕎麦屋」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事