食感!(食後感想文) By京都

最近、食べたこと 行った店 昔の話などなど蕎麦が多い

そばきり すゞ木  東京練馬区 価格破壊の店

2010年07月05日 | 東京の蕎麦屋
昨年 初めて 東京に蕎麦だけ食べる旅に出たときも 候補に挙がりながらも
夏休みで訪問が出来なかったお店。

当然 『粗挽き蕎麦』が食べられる店です。

今回も 虎の威を借る狐作戦=yukaさんや夢八さんに紹介頂くか?
ご一緒頂くと ただの 一見の客が VIP待遇に

こんなお店を候補に上げているんですが?

じゃ ここは私が案内しますと まだ太陽が目覚めぬ内から
起きだして 朝飯前ではなく 昼までに仕事を片付けて
はせ参じてくださった 西武池袋線 保谷駅にて 一年ぶりの再会のyukaさん

何かと連絡して 何かと記事を読んだり コメントしていると
一年のブランクは たったの一ヶ月ぐらいに感じる。。ありがとう御座います。

江戸の敵は長崎でではなく 江戸の恩義は関西で 1/10ぐらいは返しますので
yukaさんの こちらの記事

こちらにお伺いする前に 一枚だけつまみ食いしてきた蕎麦屋さんの話など
(駄目だった とても紹介が出来ないお店であったとの趣旨)
しながら 皆さんがわかりにくいと言われるお店にも 案内で難なく到着



昼客が残っていても良い時間帯なのに・・
15食ぐらいしか打たないらしいんですよ・・・

・・予約可のようなので ご安心下さい。



マンションの一部分を モダンなイメージに
室内の設えも文句のつけようが無い。

蕎麦三昧というお昼のコースを予め予約いただいていたので
まずは 乾杯

エー、、、毎回私ごとですが・・・余り野菜が好きではありません
特に なすび きゅうり にんじん ピーマンなど
決して食べられない訳では有りませんが 特に注文はいたしません。



のっけから きゅうり にんじんと・・続いて キャベツ新たまねぎ



柚子胡椒マヨネーズのささみ 蕎麦豆腐

予備知識では 蕎麦掻と蕎麦が二種類で ¥1500とか
日本のデフレ脱却はまず望めない

健康の為というお題目で頂いている生の野菜ではなく
キッチリと仕事がされていれば・・一つの椀として美味しくいただけました。

本日の蕎麦掻は揚げだし風に 豆乳スープをかけいます。
一手間 二手間かけていただいた一品
豆乳が ある程度の濃度をもって 塩分も有るので スープが ソースになっている。
「お味噌も入っていますか?」と思わず聞いてしまいました

おだしを入れて 豆乳を煮詰めていますとの事




蕎麦は 揚げるとカリッとしますが 大阪の良いたこ焼きのように?
表はカリッと 中はとろり
まずは蕎麦掻を味わい 後にスープを絡めて
以前 ろあん松田で 白味噌したて(関西の雑煮のような)を 頂いたが
それ以上に 組み合わせの妙味を感じる 素晴らしいひと品


野菜嫌いに 難なく野菜を味あわせて 蕎麦掻好きに
蕎麦掻のシンプルさを 逆手にとってショックを与える
イヤー、、、参りました 完敗、脱帽 来良かった



本日のみの特別のひと品 のし豆腐の帆立の塩辛かけ

すでに すっきりした順にお酒の順番がつけられているメニューの
1から3にと 猪口も三種類が並んだ

お話でも 料理でも満腹になったころ



まず、つゆに関東の違和感がない。
適度の粗挽きな蕎麦がつゆに絡む
写真のように 蕎麦屋風の ふんわりした卵ではなく
強く黄身と白身を攪拌していないので つゆのしみた 白身と黄身が
別々美味しく頂ける

もし、ここで終了で ¥3000言われても文句は出ない

お蕎麦は お声係かかりで・・・

多少、粗挽きではあるが 少しイメージと違う これで終わり




こちらは 特にご指定が無い場合のメインのせいろ生粉打ち


前日までの予約制になっ粗挽きは↓




お約束のお塩も添えられて 惚れ惚れとする粗挽き
先ほどの 蕎麦掻を麺にした(無理やり)
やはり 東京の蕎麦屋の懐は深い

こんな粗挽きで太目の蕎麦に そばつゆは不要
蕎麦掻を麺体にしたものだから 蕎麦だけ味わえばよいのだ
無論 味見した蕎麦つゆも お約束の辛さ
表現は悪いがガム的に噛むと素晴らしい蕎麦の香りと蕎麦の旨味が広がり
少し 塩を絡めれば 蕎麦の実の穀物的甘さが広がる

多分 ハッハッハ ニヤニヤ変な顔で笑いながら喰らいついていたことだろう



最後の 冷やしトマトが デザートの甘味以上に甘く
綺麗にコースのフィナーレを飾ってくれた。

蕎麦は 嗜好品ゆえに コスパを論じてはいけない
蕎麦の量が少ない高いという人々は 他のものを食べてください。。

しかし、
これだけの物をこの値段でとなると 価格破壊だと言わねばならない。。。






















ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つれづれ蕎麦 yukaさんにサ... | トップ | いっこう 東京八王子市 近... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
このそばがきは! (そばがき)
2010-07-05 09:58:49
 YUkAさんとご一緒に東京そばを堪能していたのですね。
 しかし、このそばがきの発想はすごい!

 日本蕎麦の領域を超えていますね。都会ですと世界中の料理を食べられますから、発想が豊かになるのでしょうか。
 
 あらびき蕎麦も美味しそうですね。このそばは玄蕎麦から挽き込んだように見受けられますが?。
ヌキミです。 (美味・・)
2010-07-05 19:52:16
流石に 蕎麦掻師匠だけに
蕎麦掻にスポットを当てていただきました。

yukaさんのお陰で何時もは無いようなメニューも・・

家でも食べますが 蕎麦掻料理って組あわせれば
奥が深い

写真的には 照明の関係で 茶っぽく見えますが
矢張り 荒挽きを尋ねるにしても
ヌキミの店を探しています。
アップの光を当てた方でご確認ください。
はじめまして (まゆたん)
2011-02-26 22:53:56
昨日、こちらの記事を拝見させていただいて
すゞ木さんの粗挽きのお蕎麦が食べてみたくなり、
早速、今日行って来ちゃいました。

今は粗挽きのお蕎麦一種類だけだそうです。
今までに食べた事のない感じのお蕎麦でした。
美味しかったです。

辛汁さまのブログ、とっても勉強になります。
彼の実家が京都なのでまた参考にさせてください。
はじめまして (美味・・)
2011-02-27 08:47:56
蕎麦女まゆたん、少し拝読いたしました。

そう言えば 夢八さんのところでも・・・

東京は迷うほど蕎麦屋さんがあって 羨ましい!
しかしながら ヌキミの粗挽きとなると
数えるほどしかありません。

ただ美味しい、写真だけの蕎麦ブログが多い中で
蕎麦のこと つゆのこと 書いていただいていることが とても素晴らしい。

東京はまだまだお伺いできていないので 今後の参考にさせていただきます。

京都は 彼=蕎麦男さんが行かれたところで全部で
終了です。(笑)

では、今後ともよろしくお願い致します。

あわせて読む