食感!(食後感想文) By京都

最近、食べたこと 行った店 昔の話などなど蕎麦が多い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鷹匠(根津) 朝、蕎麦を食べる

2009年08月15日 | 東京の蕎麦屋
『蕎麦屋で憩う』を読んで その実態を知りたいと思っていた

上野から 茨城に向う朝 早起きできたらとお伺いと 心に決めていた。


この路地を入った所





初体験はテンションがあがる

入り口の蕎麦打ち場の前が お一人様用だとは思いますが

↓やはり これを見ないと



海苔箱の加熱が 裸電球で出来たような 色々なものを あぶる『ほいろ』


すでに 一組のご夫婦が 生ビールをテーブルに
JRに乗れば ビールぐらいは飲むので
多少 遅いか早いかと 自分に納得させながら
朝飯からビールという アル中の仲間入りを果たした。




遠慮がちに ミニサイズであることをお断りしておく(笑)



私の後に 3組の来店があったが みんなビールを頼んでいる
私の メニュー書きにはなかったが
肴の盛り合わせの皿まで貰っている 汲み上げ豆腐 湯葉
昼のメニューも 戴けるみたい



しめと言うか 朝ご飯は 鴨汁
あつもりがお勧めと言う 言葉もよぎったが
やはり最初は 本線で・・・




つくねが大きくて柔らかい鴨汁は とても辛いつゆ
蕎麦湯で割ると好みの辛さに出来るのが嬉しい。。。けれど
うどんのような 深山(いなか)に 辛さが 負けていない



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雙柿庵 (武蔵五日市) 場所... | トップ | 暁山(茨城県小木津) 四年... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゴクリ! (夢八)
2009-08-15 11:37:12
朝、7時半の喉越しは、
癖になるのがお分かりでしょう。
炭酸と、蕎麦の喉越しの違いが朝だと
よく分かりますね。
(夜は惰性になってますから)

あつもり、といいましたけど
鷹匠は田舎とあの鴨肉の脂が流れた辛汁の
組みあわせが、初回向きでしたね。

↓あの質問は、多分、これまで
初めて言われて、答えが用意されて
無かったようでしたね。
ただ、かなり核心的なものだけに
誰もまだ言わなかったのですが。
癖になる (辛汁)
2009-08-15 17:21:44
癖になる人が多すぎます。(笑)
営業する値打ちを感じました。

昼間と間違ったんでは無いかと・・・

横目でみた 肴の盛り合わせも
お酒を呼んでいました。

3日で1ヶ月分ぐらい飲んだ気持ちです。
鴨の油のおいしさで このレベルの蕎麦でも
おいしくいただけました。(チクリ)



↓蕎麦屋と酒の関係を云々していくと
あの場所で 酒を出すのは問題がないわけではない。

飲酒に対する 人々の目も 煙草のように
厳しくなって・・・

危険運転の問題だけでなく
電車に乗ると 受動飲酒の影響を感じます。
お互い様では済まされない時が来ています

酒を飲まない人には 酒は臭いらしい(爆)
生きていけないかも (夢八)
2009-08-15 21:54:45
確かにね、酒害
という概念が出てくるかもしれませんね。

酒2合呑んだら、息が届かないように
隅っこで電車に乗る。
座席に座りたかったらフリスクを3粒呑む。

帰宅は、酔いを冷ましてから帰るか、
家人が眠ってから帰る(これは今でも守れそう)

1ヶ月分!・・yukaさん強いからな。
半分に (辛汁)
2009-08-15 22:13:06
生きる楽しみの 半分以上が
なくなるかも

蕎麦屋の楽しみも半減

何時も ほどほどにとは思うが・・・

ほどほどのレベルが 酒害に
周りからは 見えるのかも(反省)

あわせて読む