食感!(食後感想文) By京都

最近、食べたこと 行った店 昔の話などなど蕎麦が多い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

並木藪蕎麦(浅草) 蕎麦つゆの原点

2009年08月16日 | 東京の蕎麦屋
東京の蕎麦屋のガイド本を見ていたら
名前の聞いたお店は 喫煙可のところが多い

食事を供する店で 喫煙はなじまない。

喫煙可の店でも 煙害にあったことは無いよと、夢八さんは
言われるが・・・君子危うきに近寄らずかな(笑)

なぜか 並木藪は禁煙です。



『江戸そば一筋』という 元ご主人 堀田平七郎氏の本を
読んだことがあるが(理解できたかは?)合理的な 経営手法を
試されたところも見える。

並木藪の蕎麦の量が少ないか 良く見る 裏返したようなザルの秘密
湯桶や 丼 猪口・・・成る程と思うところが 今更ながら 気づく

少し意味合いが違うが 蕎麦を提供するときに
塗りの盆(膳)や 蒸篭が使われるが
塗りが剥げたり 反って卓とバランスが悪くなって居ることがある。
評価の高い店でも 嫌な程目に付く 気になる
大変な面もあるけれども 食べる人の気分も 少し考えて欲しい。

蕎麦屋の湯桶は 塗り製品だと 角がはがれたり
垂れたりする、 プラスティックでは 味気ないので
陶器のものを出していると書かれていた。

蕎麦湯は釜の蕎麦湯なので 一度 陶器の急須に
蕎麦湯を通してから 新たに蕎麦湯を入れて出されるのか
本当に 熱い蕎麦湯が 提供されていた。



もう夕方5時に近い時間も ご相席でも?という事で
テーブル席に陣取った

大きな 酒のこも樽も 壁の品書きも 花番が すばやく
対応も 聞いていた通り
お店に人を雇える余裕があるなら 花番さんが 何時も 客の方を
向いているのも 限りなく良い方式

そうそう 新聞もいただいた。

コレクションにされる方が多いと言う 猪口は
燗しないと ガラスコップなんだ

飴のように伸びる 2時間練ると言う蕎麦味噌で
燗酒と行きたいところではあるが




お声掛かりでという ザルに



可也グレイな色目で 表面がツルツルして居る。

辛いつゆでも 蕎麦がつけやすい様な 形状にしたと言う
蕎麦猪口に 徳利からつゆを入れて なめると
確かに 辛い。

蕎麦をつけると そばつゆが変わった?
甘ーーーーーい! 砂糖の甘さ

この2日間の蕎麦つゆは 江戸風じゃなかった

何の変哲も無い生粉打ち蕎麦が 美味しく感じる蕎麦つゆマジックだ。




老舗の甘汁も確かめておかないとと
種物は 卵とじで 技術が分かると言われる?

卵と 蕎麦が辛いつゆをまとって これは 拷問です。
少し慣れると つゆの味も感じるが・・
蕎麦と卵だけを頂いて

熱いので おつゆ残してすみませんと 断って退散
(とても辛くて 飲み干せませんでした)



 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暁山(茨城県小木津) 四年... | トップ | 病は妄想から(蕎麦は製粉から) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む