目覚め 悟り 非二元 だからなに?

悟りの「お話」はもういらない

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

体験的に理解したい「何を?」

2016-11-02 16:20:37 | 日記
スピリチュアル的な探求は必ず頭で分かる限界が来ます

それは当然のことなのですから、それで大丈夫です



体験的な理解とは必ずしも神秘的な体験により起こるとは限らないと思います

自身の神秘的体験から「全ては愛」とかそういう気付きを伝える方はいます

それはそれで素晴らしいのですが、他人の体験は他人のものに過ぎません

誰かが気付いたことと同じものを求めるとハマりますよ

体験者のお話に出てくるそれと同じ気付きを「体験的に分かろう」とすると回り道になる可能性が大きいです


それぞれの体験により、それぞれの気付きがあるのでしょうから、それが難しいのは当然の事とは言えないでしょうか?






例えば



ある人はインドのグルとして教えを伝えてきた経験から「人は教えれば気付くとは限らない」と気付き


ある人はファミレスの店長を勤めた経験から「人は教えれば気付くとは限らない」と同じ気付きを得るかも知れない


グルも店長も全然フツーの人なんだって事も、ついでにわかっちゃって下さいw


探求する以外にも、なにげない日常を心と体でしっかり捉えていくことも大切ではないでしょうか?

大切なところをもう一度言います

必ずしもあなたの求める気付きが神秘的体験でもたらされるとは限らない



もしかするとその体験と気付きがよくセットで語られる為に


「それを体験しなくちゃそれに気付けない」

いつのまにかそういう先入観をもってしまってはいないでしょうか?



精神世界ランキング ">

【昨日からブログランキングに参加しました。応援してくださる方はよかったらクリックお願いします(^-^)↑】
ジャンル:
ブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目覚め | トップ | 誰でもわかる!「自我に聞い... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。