慢性疲労症候群(CFS)患者のブログ

日々あったことなど綴っていきたいと思っています
どうかよろしくおねがいします

残業手当は雇用対策だった~エグゼンプションのルーツ~

2017-03-11 21:59:28 | 社会一般
 2014年ごろに何かと耳目を騒がせた「ホワイトカラーエグゼンプション」というバズワードがあった。 エグゼンプションとは適用除外の意味であり、何を適用除外にするかといえば残業手当ての適用除外である。 この「残業手当」という概念と「その適用除外制度(エグゼンプション)」はもともと雇用対策のために考案され施行された政策だった。 このことを今日は解説してみたい。 ■残業手当法制@アメリカは失業率改 . . . 本文を読む
コメント

リテラシー・ダイジェスト事件 ~世論調査ではサンプル数が多ければいいわけではない~

2017-02-19 21:07:28 | 科学全般
   今でこそ無作為抽出という手法が浸透して世論調査の精度は格段に高まった。 などと書くと、 「おいおい待ってくれ。アメリカ大統領選@2016で大番狂わせが起こったばかりではないか。  世論調査はあまりあてにならないのではないか」 といった正鵠を射た意見が飛んできてしまう。 まさにその通りなのだ(笑)。 だが、 まさにそのアメリカ大統領選において、 80年も前にトランプ勝利をはるかに上回るジ . . . 本文を読む
コメント

慣用表現・四文字熟語 45 「売り家と唐様で書く三代目」

2016-05-20 21:23:08 | 慣用表現
売り家と唐様でかく三代目 読み方  うりいえと からようで かく さんだいめ 意味   三代目になると、どんなに権勢を誇った名家でも盛衰は免れない 由来  江戸時代の豪商を揶揄した川柳     偉大な創業者によって始まった豪商といえども、だいたい三代目にもなると、     跡取りが遊びほうけたり放蕩三昧になって経営が杜撰になっていく。     すると借金のかたに持ち家を手放す羽目になる。   . . . 本文を読む
コメント

慣用表現・四文字熟語 44 「傾聴に値する」

2016-05-18 21:41:57 | 慣用表現
傾聴に値する 読み方  けいちょうに あたいする  意味   耳を傾ける価値がある    留意点 傾注(けいちゅう)や傾倒(けいとう)そして軽重(けいちょう)と発音が似ており混同しがちだ。     とくにワープロ打ちする場合には、推敲時に「これで良かったかな」と気を付けるようにしたい。   ※ 傾注とは「1つの事に打ち込んでいる」状況 ≒ 一意専心、前後裁断、心血を注ぐ     傾倒とは「ある . . . 本文を読む
コメント

「恐れながら陛下、愛国心と舌は別物でございます」とは?

2015-12-13 21:58:38 | 政治・経済
1870年から1871年にかけてプロイセンとフランスの間で争乱が起こった。 いわゆる「普仏戦争」である。 プロイセン宰相・ビスマルクは器量が広く、有能な軍人に大きな裁量を与えたのだ。 その甲斐あってプロイセンは各戦場で押し並べてフランス軍を圧倒し、勝利に一歩一歩前進していた。 そんな時、事件が起こった。 ビスマルクは「フランス産のワイン」を愛飲していたのだが、 それを人づてに聞いたプロイセン . . . 本文を読む
コメント

「ネイサンの逆売り」とは?

2015-12-13 21:15:11 | 政治・経済
1700年代に欧州でメキメキと頭角をあらわした銀行がロスチャイルド商会である。 そして、 「ネイサン・ロスチャイルド」は1800年前後のロスチャイルド家の元締めだ。 なんといっても、ロスチャイルド商会の武器は欧州各地に幾重にも張り巡らされた情報網であり、 その情報入手速度は他者の追随を許さず、他の資本家から一目も二目も置かれる存在であった。 ロスチャイルド商会が買った株式や国債は必ず上がり、 . . . 本文を読む
コメント

○○ご遠慮ください 日本の恥と叡智と惻隠の情

2015-10-14 15:42:51 | 社会一般
日本ではさまざまな場所に「〇〇ご遠慮ください」の張り紙や立札がありますよね。 この遠回しな言い回しこそ日本のお家芸であり、日本人の気質をうまく利用した人心把握術です。 ■〇〇禁止は上から目線 何かを禁止したいとき、 海外ではおしなべて「〇〇禁止」と単刀直入に表現します。 そしてその結果はあまり芳しくありません。 喫煙禁止の場所でも紫煙はプカプカと立ち昇りますし、立ちション禁止の場所でもアン . . . 本文を読む
コメント

知るは好むに如かず、好むは楽しむに如かず

2015-10-11 20:51:15 | 慣用表現
「之を知る者は之を好む者に如かず、之を好む者は之を楽しむ者にしかず」 これは論語の一節です。そしてこれを要約すると表題の「知るは好むに如かず、好むは楽しむに如かず」になります。 筆者なりに訳してみましょう。 ■翻訳 ~之を知る者は之を好む者に如かず、之を好むものは之を楽しむ者に如かず~ ―――――――――――― スポーツであれ学問であれどんなジャンルにおいても普遍的なことがある。それは次 . . . 本文を読む
コメント

名誉棄損裁判の高額賠償化でメディアが委縮とは? ~そしてナショナリズムに~

2015-10-03 20:23:34 | 社会一般
今世紀初めに名誉棄損をめぐる民事裁判の賠償金額が大きく跳ね上がった。 それまでは「大抵が50万円以下、最高でも200万円」という相場があったが、 2000年ごろから、大台1000万円を超える賠償請求判決が頻発するようになった。 例えば当時読売ジャイアンツに在籍していた清原選手が週刊誌に対して名誉を棄損されたとして起こした裁判では、 ピタリ1000万円の損害賠償請求が課せられた。 これを呼び水にメ . . . 本文を読む
コメント

バチカンと中国共産党の角逐

2015-09-30 22:06:43 | 社会一般
  バチカン市国とはローマ教皇を国家元首とする世界最小面積の国家だ。 このバチカンは世界で15億人にものぼるカトリック教徒の総本山として君臨している。 世界には1万を超えるカトリック教会が点在しているが、 その司教の叙任権を掌握しているのがバチカンでありローマ教皇だ。 カトリック教会は布教を表向きのレゾンデートルとしているが、それ以上に『情報収集基地』として機能している。 キリスト教離れが進む . . . 本文を読む
コメント