ある主婦の半世紀とこれからに思うこと

過去にとらわれながら 愉快に今を生き抜くためのセオリー?スキル? 

気づきと心の整理のために また生きてる証として

黒服の婦人の身の上話し

2016-10-08 21:19:29 | 日記
お店の片隅にある椅子に座って休んでいた私の隣に先ほどお会いしたばかりの婦人が

座り、私に話しかけました。

「私は馬鹿なことをしたわ・・。」と

聞けばいわゆる今はやりの?不倫です。 その婦人は何を心配して見えるかというと、これからの生活のようです。

結局10年続けた不倫ですが、子どもにわかってしまい良心の呵責に耐えられず離婚されたそうです。相手方も離婚する

という前提で婦人は家庭を捨てましたが、またこれもよくある話で 男性は離婚せずそのままずるずると関係を続けたそうです

その方が70歳代なので男性も若くはありません。 婦人は自分名義にしてもらったマンションで男性からのお小遣いで生活して

るそうです。が その男性が亡くなったらどうすればいいのか ということらしいです。

私は「社会福祉協議会とか行って相談されるといんじゃないですか?」と答えましたが、その後どうされたかわかりません。

私が興味があるところは、何でその過ちに走られたかということ、ご主人はそんなにいやな方だったのか?と言うこと。

ただ その婦人が過ちを犯した年齢が私と同じ年齢だったことに何か特別なメッセージを感じたのでした。

続きは次回にします
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まずは手始めに・・・最近出... | トップ | それから »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。