タカの気まぐれ日記

日常の出来事を気まぐれに嘆いたり、
喜んだり憤ったり、
悲しんだり。。。

真面な夢ってあるのだろか?

2017-08-09 19:27:12 | 日記

8月9日、朝までぐっすりだった。

安物のワインとチーズで眠りにつく。


約7時間起きることなく朝を迎えた。、

でも、
おかしな夢をみた。、いつもおかしいが。。

冬道で前の車がスリップし、
道路わきの用水路に回転しながら落ちていく夢。

その後に続く私の車も導かれるように同じくスリップ、回転、用水路(だと思う)。

車の頭を下にして刺さっている。水が流れていたのか雪の中なのか定かではない。
衝撃は全くなく痛みもない。

と言うか、、夢自体が無声。

何故か身動きができない状態で隣を見ると、、
なんと先に落ちた車が4台列になって突き刺さっている。

わたしが5台目の事故。

そのあとがどうなったのか?

考えがまとまらないうちに目が覚めた。


いつも朝方夢を見ている気がする。

なぜこのような夢を見たのか少し考えてみた。

確かに、

1月仕事で朝早く家を出て5時間近く走り、休む間もなく帰ってきた。
途中安心したのかあともう少しで会社に着くと思った矢先、ハンドル握りながら眠りに落ちてしまった。

すぐ目が覚めた時はもう車は斜めに横滑り、左路側帯の雪山に乗り上げて止まった。
すぐ目の前には電柱が。。

JAFに入っていないので、知り合いの車屋に電話したが叶わず110。

ミニパトのおまわりさんが親切で、あちらこちらにレッカー車を打診。

一時間近くミニパトの中でおまわりさんとおしゃべりしながら救助車を待った。

気さくで年配のおまわりさん。
趣味はパチンコ、一定以上の金は使わない、と言っていたがどうだろう。

車を雪山から出してくれるだけで28000円也。


そのときは車も異常なく、そのまま会社へ戻った。
1週間後自宅近くの除雪車が作った雪の塊を乗り越えた時、不気味な音がした。
何かが折れたのが解った。

そして、廃車。


思い出いっぱい詰まった車、まだ乗りたかった。
折れた場所が悪く(車軸)、そのあとは車屋にすべて任せてしまった。


きっとこのことが今になって、夢となって表れたのかもしれない。

さらには、用水路に落ちて突き刺さっている光景、3,4年前実際目にしている。

夏場だったが、国道沿いの用水路。
普通なら落ちようがない場所なのに落ちていた。


これが、夢の中で繋がった。

脳が、勝手に演出しているから面白い。


いつも、いつだって真面な夢を見たことがない。

小泉元首相も出てきたことがあった。

髪が黒いので聞くと、「染めてきた」といったと思う。

何故か私が彼と会話できたのも夢のなせる業。


それなら、意識的に脳へ働きかけたらどうだろう。


ハッピーエンドの大恋愛など見たら、当分幸せな時間を送れるかもしれない。








ガガイモ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寝足りない。 | トップ | 蝶を撮り続けた。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。