Randomemory House

昔撮影した銀塩写真をデジタル化してランダムに掲載。時々最近のデジカメ写真も掲載。

[1628] 茶菓子

2017-04-23 20:00:00 | 日記
●それはまだ明石海峡大橋が出来ていない1987年の季節としては
今頃だったと記憶している。まだ子供も生まれていない時で細君と
二人でクルマで旅をした。当時は赤のVWゴルフ1に乗っていた。

●名神高速で西宮まで走り下の道で明石まで。フェリー乗り場から
小さな船に乗って淡路島に渡った。今では橋を使えばあっという間に
通過してしまう明石海峡をそうして船で渡っていた事も世間では忘れ
去られているのだろう。

●淡路島の南端から鳴門大橋は既に完成していたので鳴門の渦を眼下に
観ながら徳島へ渡った。四国では当時は高速道は殆ど無くて吉野川沿い
を走って大歩危峡を見学して高知まで走る。宿泊したのは会社の契約
ホテルだったのでホテルでばったり会社の知り合いに遭ってしまった
のは安価な宿泊との引き換えのデメリット。

●翌日高知市内や桂浜や闘犬を見学する。桂浜には坂本龍馬の像があった
が最近どこかで龍馬さんに会ったような気がする(笑)。その後クルマを
走らせ松山へ。道後温泉本館近くのホテルに投宿。そのホテルのお茶請けに
出てきたのがこの「一六タルト」だった。その時に初めて食べたのだが
ほんのりと柚の香りのする上品なお菓子がとても印象に残っている。

昨日頂きものの一六タルトを食べてそんな昔の事が脳裏に蘇ってきた。

[2017-04-22撮影][画像をクリックすると拡大されます]




★おはようございます。
明石海峡大橋が出来た今も敢えて船を使って淡路島へ
行くのも思い出になりそうですね。
こちらのタルト、美味しそうですね。

>こんばんは。橋ができた時に明石海峡を渡るフェリー航路は
廃止になってしまったような記憶がありますが、どうなんでしょうね。
今でもフェリーが出ていれば是非ノンビリとした時間を過ごしてみたいと
思います。対岸が見えている距離なので程よい船旅が味わえます。
一六タルトは餡が滑らかで口に入れてしばらくすると柚の香りが
口の中に広がりました。美味しかったです(笑)。
ありがとうございました。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [1627] 獅子舞 | トップ | [1629] 〇〇美人 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (楽母)
2017-04-24 08:17:36
これ、個包装になっているんですね。
私は切れ目の入ったロールケーキタイプのものしかしりませんでした。
ときどき、近くのスーパーで四国物産展があると必ず入ってくるので、人気商品だと思います。
楽母さんへ (koichiw)
2017-04-24 20:04:20
こんばんは。
道後温泉のホテルで食べたものが
個包装だったか切れたロールケーキ状
のものだったのかは覚えていませんが
美味しかった記憶だけは残っています(笑)。
餡子の苦手な楽母さんにはお勧めできません(笑)。
物産展の広告に気を付けて見つけたら是非行って
みたいと思いますが、僕のイメージの中では
「物産展=北海道」って感じなので四国のものは
見逃しているのかも知れませんね。
ありがとうございました。

コメントを投稿