Randomemory House

昔撮影した銀塩写真をデジタル化してランダムに掲載。時々最近のデジカメ写真も掲載。

[1705] half time

2017-06-30 21:00:00 | 日記
●映画「ホームアローン」のシリーズが好きでビデオでよく観ていた。
コメディータッチのテンポの速い展開と旅番組的な綺麗な風景描写が
印象的でその中の幾つかの場所は自分でも行ったことのあるもの
だったので尚更興味深かった。

●ホームアローン2のプラザホテルのシーンに現米国大統領のトランプ氏
がチョイ役で出演していることでも話題になった。ケビン役のマコーレー・
カルキンがこの映画で世界一有名な子役の座を射止めたのも頷ける良い
作品だったと思っている。

●読ませて頂いているgooブログの中に娘さんが若くして亡くなったので
その娘さんの息子さん(そのブロガーさんにとってはお孫さん)のお世話を
している女性がいる。ある時そのブログにその娘さんが死化粧を施されて
眠っているかのような表情の写真が載っていたので衝撃を受けたことがあった。

●先日WOWOWで「マイガール」を放映していたので初めて観てみたが
マコーレー・カルキンがホームアローンとは違った味を出していた。
ベーダ役のアンナ・クラムスキーの家の家業が葬儀屋さんで死化粧をする
ようなシーンもあったのでそのブロガーさんが載せていた娘さんの写真を
思い出してしまった。若くして亡くなるのはその哀しみが増幅されるもの
だと感じている。

NYに住んでいた時にプラザホテルで大学の同窓会があったので参加した。
知り合いは一人しか居なかったが同じ大学出身者がNYでこれ程多くが働いて
いる(住んでいる)ことに驚いてしまった。

今日は「ハーフタイムの日」だそうだ。若い人には「水無月晦日」と言う
よりはその方が通じ易いかも知れないなんて思いつつ水無月を食べて2nd
halfの無病息災を祈念した。

補足
wikipediaより抜粋
[夏越の祓の風習]6月の大祓に併せ、独自の風習が備わるところがある。
京都では夏越祓に「水無月」という和菓子を食べる習慣がある。水無月は
白のういろう生地に小豆を乗せ、三角形に包丁された菓子である。
水無月の上部にある小豆は悪霊ばらいの意味があり、三角の形は暑気を
払う氷を表していると云われている。


【2017-06-30撮影】[写真をクリックすると拡大されます]




★水無月という和菓子もハーフタイムの日も知りませんでした。
>おはようございます。「ハーフタイム」の日はクルマに
乗った時にナビが教えてくれました(笑)。6月30日に水無月を
食べて年の後半の無病息災を願うという習慣は京都周辺の
文化のようです。外郎に小豆がのったとても美味しい
和菓子です。ありがとうございました。


★こんばんは。
ホームアローン私も好きです。あのシリーズの風景はとても印象に残っています。
ハーフタイムの日というのを初めて知りました。和菓子も美味しそうですね。

>おはようございます。同じ映画のシリーズで印象に残っている
ものまで同じとは。広い年代に渡って愛されている映画なのだと
感じます(笑)。最近は観ていませんがもし今観ても充分に楽しめる
映画だと感じています。僕も先日初めて「ハーフタイムの日」を
知ったばかりです(笑)。これほど知名度の低い「日」も珍しい
ですね(笑)。京都の文化の影響を受けている地域に住むように
なって「水無月」を食する意味を知りその美味しさを堪能する
ことができるようになりました。京都の文化は本当に奥が
深いと感じています。ありがとうございました。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [1704] あたしンち | トップ | [1706] 扇 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵な言葉 (向日葵)
2017-06-30 21:50:56
こんばんは~♪
私は日本語の響きやその表現が大好きです
水無月晦日・・・なるほどです
今年も半分終わってしまいましたね
最近は時の流れが早い・・それも
年齢のせいということになるのでしょうかね
病院に行っても加齢ですね・・・他の日本語表現ないのでしょうかね(笑)
向日葵さんへ (koichiw)
2017-06-30 22:20:59
こんばんは。
東京に住んでいた時には水無月晦日に水無月を
食する習慣など知りませんでしたが、京都の文化
が色濃く影響している地域に住むようになって
その風習を初めて知りました。
水無月が三角形である意味も年の半分という意味
も含まれているようです。
その昔、公家さん達は氷室から本物の氷を取り寄せ
たそうですが、庶民にはそれも出来ない為に
こうしたお菓子が普及したということです。
京都の文化は本当に奥深いものを感じてしまいます。
加齢では無くて「華麗」と理解しましょう(笑)。
ありがとうございました。

コメントを投稿