Randomemory House

昔撮影した銀塩写真をデジタル化してランダムに掲載。時々最近のデジカメ写真も掲載。

[1571] 国宝

2017-03-06 20:00:00 | 日記
●「渡岸寺」は「とうがんじ」と読むそうだ。その読み方は
知っていたがそれは地名であってお寺の名前では無いことを
今回初めて知った。

●湖北の渡岸寺という場所にある向源寺のお堂に安置されて
いる十一面観音は日本一の美しさと言われている。その国宝
の観音様を見に行った。

●国宝の秘仏なら普通は奥まった暗がりに安置されているか
分厚い硝子ケースに入れられて展示されていそうなものだが
この観音様は何のカバーも無く近い距離で鑑賞でき更に背後
に回って見学ができるようになっていた。

●その昔浅井と織田の戦火の元でお堂が炎に包まれる中この
観音様は無事搬出され戦が終息するまで地中に埋蔵されて
消失を逃れ今日までそのままの姿で残っているそうだ。観音
堂の内部は撮影禁止だったので本堂の外観の写真のみ。しかし
お寺自体は国宝が安置されているとは思えない様な質素な外観
だったのが何とも言えず良い感じだった。勿論観音様の美しさも
充分に堪能できて嬉しかった。(ネットで探した画像。黒くなって
いるのは焼けたのでは無くて長年の煤で黒くなっているものだそうだ。)

[1172] 地上10cm 👈 一年前の記事。

[2017-03-05撮影][画像をクリックすると拡大されます]




★おはようございます。 本当にここのは綺麗な観音様ですよね。 
ご朱印は頂きましたか?

>こんばんは。実は30年以上前に一度観ているのですがその時のことは余り覚えていません(笑)。
今回は見学者も少なくゆっくりと時間を掛けて見学できました。観音様の全体のバランスがとても
素晴らしいと感じました。ご朱印は事前に調査したら「書き置き」タイプだった為今所有している
小型のご朱印帳に納まりきれないと判断して今回は断念してしまいました。
ありがとうございました。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [1570] 菜の花畑 | トップ | [1572] 小股 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (そらママ)
2017-03-06 20:49:21
こんばんは、
湖北の十一面観音は何度も見に出かけています、
美しいプロポーションはまるで東洋のビーナスと言っても過言ではないですね、
目の前で見れるのも有りがたいですね、
井上やすしさん白洲正子さんも絶賛されたそうです、
この辺りは観音の里と言われ村人が戦禍の中、
川の中田んぼの中に隠した観音様が沢山あり
何時かこの観音様を訪ねる旅をしたいと思っています。
そらママさんへ (koichiw)
2017-03-07 07:54:07
おはようございます。
僕は初めてでしたが何度も
行きたくなるお気持ちがよく
解ります。本当に魅力的な
観音様でした。
他にも戦禍を逃れた仏像がある
のですね。機会を見つけてそれら
も見に行ってみたいと思います。
ありがとうございました。

コメントを投稿