Randomemory House

昔撮影した銀塩写真をデジタル化してランダムに掲載。時々最近のデジカメ写真も掲載。

[1692] 土葬

2017-06-17 19:30:00 | 日記
●日本では土葬は禁止されていると思われているが特別に許可された
場所では今でも土葬はOKだそうだ。東京の多磨霊園の一角にある外人
墓地はその少ない土葬OKの場所でその昔僕は行かなかったがトルコ人
の伯父はそこに埋葬されたそうだ。お葬式に参加した母の話では深い
穴を掘ってそれこそ海外の映画のワンシーンのように棺をロープで
降ろして土をかけたそうだ。

●このブログで何回か記事にしているトルコ人の伯父。オスマントルコの
貴族だったそうだがトルコ革命の時に命からがら故国を捨ててシベリア鉄道
でウラジオストクまで逃げ延び更に貨物船に密航して小樽に辿り着き伯母
(父の姉)と結ばれることになったそうだ。貴族云々の真偽のほどは
判らないが優しいおじさんだったことは確かだ。

●野際陽子さんが亡くなった。野際陽子さんで印象深いのはTRICKと
キーハンターだった。キーハンターは僕が中学生の頃に放映されていた
ものだろうか。そのキーハンターにトルコ人の伯父が何回か出演したこと
があったそうだ。どういう経緯で出演したのかは定かでは無いが風貌が外人
というだけで素人の伯父が引っ張り出されたのは余程当時は外人タレントが
少なかったのか今では考えられない逸話であると感じている。関係ないが
キーハンターに出演していた大川栄子さんという女優さんが好きだった。
検索してみると素敵に年を重ねられているようだった。昔の面影が少しあり
素敵な感じだ。

●イスラム教のラマダンは今でこそ日本でも知られるようになったが僕が子供
の頃からイスラム教の伯父の家では昼間は断食をするのが不思議だったこと
などを思い出している。今年のラマダンは5月26日の夕方から6月24日の夕方
までだそうだ。昼間に何でも食べられる(俄)仏教徒で本当に良かったと思っている(笑)。

記事とは無関係に庭のアガパンサスの写真。2年前と3年前のもの。今年はまだ
小さな固い蕾の状態でいつになったら咲くのが楽しみだ。

[1301] 指摘 👈 2016-06-17の記事。

【2015-06-20撮影】[写真をクリックすると拡大されます]


【2014-07-12撮影】[写真をクリックすると拡大されます]




★こんばんは。夫の母方の実家(隣の町です)が土葬でした。義母が言うには
よく人魂が浮遊していたそうです。 というか、ほんとうにその姿のまま埋める
ので「ここに眠っている感」が強く、お墓参りにも気持ちがこもったそうです。
トルコ人のおじさまがいたなんて、世界中を飛び回ったkoichiwさんのみならず、
国際的なお家なんですね~。野際陽子さんは残念です。キーハンターは見ていて
怖かった覚えがあります。

>おはようございます。いつもありがとうございます。土葬の許可は各自治体に
任せられているようです。田舎の方ではまだ可能な場所が多いのでしょうね。
昔四国の今治にキャンプに行った時に遠くの山の上で青白い人魂(燐が燃えているもの?)
を見たことを思い出しました。それ以来人魂というものを信じています(笑)。
地方によっては風呂桶のような棺桶でそのまま埋葬しますよね。火葬にして
しまうよりも「ここに眠る」感は強いでしょうね。伯父の家に遊びに行くと
日本では見たことも無いようなものが沢山ありましたので子供心にドキドキ
したことを思い出します(笑)。そうそう、具体的には覚えていないのですが
キーハンターって怖くてドキドキした記憶は残っています。お若いのに
キーハンターをご存知とは驚きました(笑)。ありがとうございました。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [1691] バッグ | トップ | [1693] 人心 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
野際陽子さん (まりも)
2017-06-17 22:16:24
とても凛として知的な感じを受ける素敵な女優さんでしたね。
最近のTVドラマはほとんど見てませんが、印象的なのは、やはりキーハンターです。
大川栄子さんも覚えています。可愛らしい方でしたね。
そこに伯父さまもご出演されていたとは、、素敵なお話しです!

日本で土葬が許可されている所があるのも、初めて知りました。
伯父さまが眠られていらっしゃるんですね☆

koichiwさんの世界の広さを、あらためて感じています(*´▽`*)
アガパンサスというお花も初めて拝見しましたが、
美しい青色ですね~
まりもちゃんへ (koichiw)
2017-06-18 09:56:43
おはようございます。
キーハンターは当時はあまり存在しなかった
類の番組だった所為かとても印象深いですね。
出演者のキャラも様々で面白かった記憶があります。
全くの素人の伯父が何故?という疑問は今でも
残っています(笑)。
土葬は外人墓地や田舎の方では許可されている
ようですね。僕も今回調べてみて認識を新たに
しました。
アガパンサス、綺麗ですよね。一枚目は盛りの
頃ですが(丁度今頃)二枚目は終わりかけの頃で
花が萎んでいますが、色合いが綺麗だったので
掲載してしまいました。
いつもありがとうございます。
土に返す (笑ばあちゃん)
2017-06-18 15:26:55
土葬という言葉に、先日訪ねた福島の放射性廃棄物の埋設を思いました。
人や動物を土に葬り祈るのとは違い、
現世代の廃棄物問題を、次世代、次々世代に面倒をみさせるのですものね。
重い問題を、私たちは自分のことだと受け止めないといけないんですが、
どこか遠い地の他人事としているようで。
笑ばあちゃんへ (koichiw)
2017-06-18 17:53:15
こんにちは。
1986年5月にイギリスを旅行していて
テレビのBBCニュースがチェルノブイリ原発事故
を伝えていたことを思い出します。
31年経った今も「石棺」と呼ばれた覆いは劣化して
それをカバーするドームを建設中とか。福島も
同じような道と辿るのかと思うと心が痛みます。
ありがとうございました。

コメントを投稿