競馬作家 矢野羊一郎のサラブレッド日和

「広尾サラブレッド倶楽部」で一口馬主になった筆者の日々や自作現代詩など

芝あってこそ

2017-04-20 23:42:36 | 競馬

超個人的意見かも知れないので申し訳ないけれど、

競馬とりわけ中央競馬は、

アメリカあたりの競馬とは違って、

芝のレースが根幹であり、芝で走ってこその馬と思っています。

 

あと、短距離のスペシャリストが好きになれない。

これは自分の好みだとわかっています。

 

血統診断で、「ダートで」「短距離で」とかいてあると、

もうその馬は、わたし個人にとってはいらないのです。

 

もっと、ダート馬を好きにならないとダメだとは思うものの…

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週の広尾レース出走予定 | トップ | 人間で言うと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。