競馬作家 矢野羊一郎のサラブレッド日和

「広尾サラブレッド倶楽部」で一口馬主になった筆者の日々と九星五行法による競馬予想

だからなんやねん

2017-05-17 03:42:37 | 日記

Unknown (Unknown)2017-05-15 23:47:49「お大事に」と言われるのは自身が「辛いと言う」からで、聞いた人が貴方を慮って労う言葉を不快に思うなら「どうせ判って貰えない他人」に辛いと言わなければ良い

あなたの年齢やリミットに合わせて治療法の研究をしている訳じゃないですよね、研究されてる方は早く患者を減らしたい、楽にしてあげたいと日々研究されてるんですよね。(もちろんビジネスの側面は当然ありますが)

治療法にしろ、薬にしろ、ドクターが研究開発するわけじゃないのに、自身の辛さを軽減するに満たない現状をドクターの未熟(≒GODではない)と公衆で言い放ってしまえるあなたの人間性の方が興味深いですね

 

誰もドクターの未熟なんてことは言ってない。

神様ではない医師に「相談して」と言われて立腹しただけ。

医者に相談して解決するなら、すでに快適に暮らしとるわい。

上記のコメントの大半は、言わずもがなの当たり前のこと。

医師が未熟だとして、それは人間だから当然で、

その事実がどうかしましたか。

わたしはその件に関してはまったく批判してないばかりか擁護してますが。

 

 

『闘病』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 背反しない | トップ | 5/21オークスほか軸馬注目馬 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
逆運馬について (トム)
2017-05-20 12:21:58
はじめまして。最近 Amazonで「嵐を呼ぶ逆運馬」を購入しました。日別九星、十二支早見表は平成16年2月3日までのようなので、現在は使用できないみたいですが、今年の九星本暦を見れば九星カレンダーは確認出来ます。それを踏まえた上で、逆運馬番早見表は現在も使えるのでしょうか?あと九星象意も、現在は使えるのでしょうか?
追記 (トム)
2017-05-20 14:14:26
つまり、本日5月20日は二黒のひつじ未ですので、本書によりA馬番3.5.8.12.14.17 B馬番9.18 アヤワカ をベースに考慮しても良いのですか?
逆運は使えません (矢野羊一郎)
2017-05-20 14:33:09
同じ九星と十二支になるのは36年に1回です。
ですから本に載っているのは次は2039年にしか使えません。
九星象意は不変ですから永久的に使えます。
お返事有り難うごさいました。 (トム)
2017-05-20 16:55:23
本書の逆運馬早見表も現在は使用不可だったのは残念です。だとしたら、九星五行法を元に馬券を買う方法は無いのでしょうか?それとも現在でも使える本が出版されてるのでしょうか?見識不足で申し訳ありません。
方法はありますが (矢野羊一郎)
2017-05-20 19:02:46
毎年、毎日の逆運を知りたければ、
「嵐を呼ぶ・・・」の26ページを勉強してください。
暦の九星が真ん中にくる九星盤を書けるように。
九星の運行は、上の数字を追うように動きます。
九紫は一白を追いますが。
中央から順に言うと、右下、右、左下、上、下、右上、左、左上と運行します。
お返事有り難うごさいました。 (トム)
2017-05-20 23:49:33
矢野様。ご丁寧に返信下さり感謝致します。昼から食事も取らず勉強してます。その日の九星盤も書き方がわかりました。最後の質問ですが、本書25ページの表1 逆運音は現在も使える不変のものですか?それと、どうしても理解しにくいのですが、本書24ページを勉強しますと、逆運指名が7番目まで抽出されますが上位3つを逆運馬番A、続く2つをBとするなら 残された2つの逆運指名は用を成さないということですか? 矢野様の大切なお時間を 私ごときのメールに使わせてしまい 大変恐縮です。これにて質問を終了致します。
逆運音は不変ですが (矢野羊一郎)
2017-05-21 02:39:34
逆運音も永久的に変わりません。
ただ、逆運馬番は現在、上位2つをA、3~5位をBとしております。
ご指摘の通り、稀に逆運が余る場合がありますが、それは用なしということになります。
また現在のポイント計算は、
9文字目から1、1、2、3、5、8、13、21、34のフィボナッチ数列を採用してます。
逆運Aも34、Bは21。八卦性は8点です。
よろしくお願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL