競馬作家 矢野羊一郎のサラブレッド日和

「広尾サラブレッド倶楽部」で一口馬主になった筆者の日々と九星五行法による競馬予想

堂々と言えますよ

2017-03-21 01:55:49 | 競馬

お金が欲しいです。

少なくとも2億、できれば3億。

20歳の頃から言っている「有名希望」と、他人の役に立つために。

 

まず治療方法が模索段階の線維筋痛症が、

「治るかも知れない」自由診療を受けるのに、年間500万はかかる。

自分が健康でないのに、多くのひとを助けられない。

これでまず、医療費として最低5000万は欲しい。

国が難病指定してくれないので、運動中ですが、簡単には難病指定にならない。

いまの日本の概念では「難病=珍病」なので、患者数が多いとダメなんです。

 

次に、立川からは医者がいいので離れないですが、

ワンフロアでほぼ用が足りて、歩行スペ―スが広い、もう少し大きい家がいる。

これの土地と家で最低1億です。

バスや電車の運転席説があって、

どんなに混んでいても、運転スペースだけは確保しているのは、

他人を安全に運ぶためですよね。

贅沢ではなくて、衣食住足りてないと、本当に他人を助けられないですよ。

 

さらに1億以上あったら、

無料で鑑定でも予想でも何でもするとしても、広告宣伝費と自分の生活費にします。

生活費って、年間240万ほどで結構です。贅沢はしません。

広告費は、それで一人でも多くの救済が必要なひとを救済したいから使います。

(宗教ではないですよ。念のため。ホントに勘違いしないでくださいね)

 

「有名になって虐げた人々を見返しながら他人のお役に立つ」

これにはまずお金ですよ。少額からでも。千里の道も一歩から。

半生を病人でなくダメ人間扱いされたことへの反骨心は強烈ですよ。

 

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンケート続行中 | トップ | 2016年馬券成績 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL