競馬作家 矢野羊一郎のサラブレッド日和

「広尾サラブレッド倶楽部」で一口馬主になった筆者の日々や自作現代詩など

種牡馬ノヴェリストの可能性は?

2017-04-24 01:45:06 | 競馬

ノヴェリストについては、

かなり陰口を聞いていることは事実です。

「意味わからん」「日本の競馬にいらん」など。

 

ただ、冷静に評価しようと思えば、

ノヴェリストの父モンズーンに触れておくべきでしょう。

モンズーンは純欧州の血統であり、欧州活躍馬を輩出しています。

モンズーンは、個人的には高い評価をしており、

だからこそ母の父モンズーンの ウェディングソング に投資しました。

 

ノヴェリストはモンズーンの代表産駒とも言える馬で、

日本の競馬に向いているかはまだ未知の面が多いです。

日本の芝と欧州の芝はいまだに違うし、

でも日本の競馬が、世界レベルになろうとしているのは事実。

わたしもノヴェリストには半信半疑ですが、

先行投資する価値はあると思っています。

 

広尾サラブレッド倶楽部でいうと、フェニーチェ’16牝がそれです。

まだ最低半年は悩めるので、よく考えてみたいです。

 

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4/23 軸馬 注目馬 | トップ | さよならワークフォース »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

競馬」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。