想い出の小箱Ⅱ : 徒然草子

日常生活の中で感じたことを、徒然なるままに記述する。
OCNブログ人「想い出の小箱:レコード・コレクションからの続き。

4Kレストア版 「ウエストサイド物語」

2016-10-18 10:17:19 | 映画

私が洋画を見始めたのは小学6年生のときである。
それ以来、映画からいろいろなことを学び成長してきた。
中学時代、町には、洋画と邦画の二つの映画館があり、もっぱら、洋画を見た。
月に2回、映画館へ行くことが認められ、1ヶ月の公開予定が出るので、本屋で、「キネマ旬報」や「映画の友」、「スクリーン」といった映画雑誌を見て、観る映画を選んでいた。
大学へ入学すると、高校時代、受験勉強で見られなかった映画を毎週のように見に行った。
お金がないので、封切館は無理なので、もっぱら、名画座、二流館での2本立てである。
その中で、「ウエストサイド物語」は、授業をスポイルして、封切館へ見に行った一本である。
冒頭のシーン、体育館のダンス・シーン、屋上でのアメリカ、駐車場のクール、ロミオとジュリエットのバルコニーを思わせるシーン、そして、エンディング。
オスカー・ピーターソン・トリオの「ウエストサイド・ストーリー」のレコードは何度も聴いたが、映画を見直すのは久しぶりである。
最近のアメリカのプエルトリコからの移民への偏見は、本質的には、当時とあまり変わっていないようだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広島対日ハムで良かった日本... | トップ | マンションの老人会行事に参加 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。