想い出の小箱Ⅱ : 徒然草子

日常生活の中で感じたことを、徒然なるままに記述する。
OCNブログ人「想い出の小箱:レコード・コレクションからの続き。

初体験の囲碁4面打ち

2017-05-15 11:08:55 | 囲碁

地元の囲碁サークルで囲碁を楽しんでいるが、私よりも強い、一人のメンバーが、初心者向けの囲碁教室を開いている。
参加者が増え、手伝って欲しいと頼まれた。
少しは、恩返しもせねばと、引き受けることにした。
囲碁教室で1年ほど勉強している主婦を相手に、9子局の4面打ちで対局指導をして欲しいというものである。
プロ棋士と3面打ちで対局したことはあるが、逆4面打ちは初めての体験で、しかも、それぞれが、「お助けカード」を3枚づつ持ち、困ったときに、彼に相談することが出来るルールという。
4人に同じ手を打つと、最初の10手ほどは、4人とも全く同じ応手で、小林光一の「9子局の基本的打ち方」で勉強しているとのこと。
スキがなく、これではどうしようもないと思ったが、勝つことが目的でないので、本手で推し進めた。
やはり、中盤になるとチャンスが到来し、ほとんど殺生することなく、4人共に勝って、何とか無事終了した。
これから、月に1度であるが、とても良い経験になった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮のミサイル発射 | トップ | 困ったウイルス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。