想い出の小箱Ⅱ : 徒然草子

日常生活の中で感じたことを、徒然なるままに記述する。
OCNブログ人「想い出の小箱:レコード・コレクションからの続き。

初めての敬老会

2016-09-18 10:33:26 | 日記

市役所から敬老会の案内が来た。
自分では、まだ老人と思っていないので、この類の会合には出席しないのだが、地元出身の落語家が真打に昇進し、その落語を聞けるということなので覗いてみた。
対象者には、地元で使える1000円の商品券が配布される。
そういえば、以前のことであるが、スイミング倶楽部で、何処どこの市は無料パスが出るなどと話をしているのを聞いた。
高齢者が多くなり、市の財政負担も大変なのだろう。
100歳以上の者が増え、記念品を止めたとの話も聴く。
さて落語だが、演目は、「初天神」で、ポピュラーなので何度も聞いているが、団子の場面で終えてしまった。
落語より興味深かったのは、普段は表に出ない出囃子の三味線で、「さのさ」を、京都バージョン、東北バージョンと演じ分けるなど、楽しませてくれた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京都はウミを出せ | トップ | NHKの番組編成のセンス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。