想い出の小箱Ⅱ : 徒然草子

日常生活の中で感じたことを、徒然なるままに記述する。
OCNブログ人「想い出の小箱:レコード・コレクションからの続き。

ザルツブルグ・イースター音楽祭2017

2017-07-23 15:31:35 | 音楽

ヨーロッパでは、様々な音楽祭があるが、その中でも、ザルツブルグ音楽祭は特別な場のようである。
1967年、カラヤンが指揮した、ワーグナーの楽劇「ワルキューレ」の公演は伝説のようになっているが、今年の春、ティーレマンの指揮で再現された。
ザルツブルグの劇場で観ることはかなわないが、BSで放送された。
ワーグナーの「ニーベルングの指輪」は、公演時間が長く、難解との印象が強いので、まだ観に行ったことがない。
ワルキューレも4時間以上の公演で、TVで見るにしても簡単ではない。
暑くて、外出も気が進まないので、冷房の部屋で楽しんだ。
「アイーダ」や「カルメン」のような派手さやドラマ性は全然なく、淡々と進むが、飽きることはない。
それにしても、ワーグナーを演じる歌手は大変だろうなと感心する。
私はワグネリアンではないが、魅力の一端は感じることが出来た。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日銀の人事への懸念 | トップ | 閉会中審査の議論での疑問 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。