想い出の小箱Ⅱ : 徒然草子

日常生活の中で感じたことを、徒然なるままに記述する。
OCNブログ人「想い出の小箱:レコード・コレクションからの続き。

佳境に入った世界陸上

2017-08-10 17:44:40 | スポーツ

このところ、毎日、世界陸上を見ている。
トラック競技は、決勝だけでなく、準決勝から見ると面白さが倍増する。
跳躍と投擲競技は、試技回数のチャンスが6度あるので、トラックの一発勝負とは戦術も異なるだろう。
1回目の試技で、ベストを出し、そのまま進むこともあるし、最後の試技で大逆転ということもある。
逆転、再逆転で進むのが一番面白いのだが、比較的少ない。
棒高跳びと走り高跳びは、駆け引きがあるので、じっくり見たいのだが、同時にいろいろな競技が進んでいるので、放送に限界があるのもやむ得ない。
400mなど見ていると、本当に体力の限界に挑戦しているようだ。
花形は短距離だが、ゲームとしてみると、長距離が結構面白い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不透明な国家戦略特区会議 | トップ | 注目度の薄い民進党代表選 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。