想い出の小箱Ⅱ : 徒然草子

日常生活の中で感じたことを、徒然なるままに記述する。
OCNブログ人「想い出の小箱:レコード・コレクションからの続き。

ご利益を期待できない初詣

2017-01-03 18:12:30 | 日記

天気も良いので、ぶらぶらと散歩をかねて地元の氷川神社に初詣に出かけた。
途中ほとんど人にも会わなかったが、軽自動車に乗せた囃し太鼓たたいて廻っている獅子舞のグループに出会った。
今では珍しい風景だが、まだ残っているのが意外だった。
寂しい限りのまばらな参拝客で、待つこともなく参拝を終えて帰宅した。
お札を売るため、3が日だけ出張してきているそうで、普通でも神様は夕刻までしか居ないそうなので、ここまで神様が来ているかどうか怪しいから、ご利益は期待しない方が良いようだ。
昨年は、おみくじで「大吉」が出たので、引いてみると、「末吉」であった。
おみくじの種類で、「大吉」「吉」「中吉」「小吉」「末吉」と、いろいろな「吉」があるようだが、「末吉」を引いたのは始めてである。
「吉」には変わりないが、全体から見ると、凶の一つ上であるから、あまり良くない。
大吉は自宅に持ち帰り、凶は神社の木に結ぶらしいが、利き手と反対の片手で結ぶと凶が消えるとも言われているらしい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好天に恵まれた初日の出 | トップ | 大発会での株価上昇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。